借金から逃げる方法はないが、詐欺罪で警察に捕まる事や裁判になる事はある

借金からは逃げられない!手遅れになる前に債務整理を検討するのが一番

『学生時代に消費者金融に申し込んでみたら、あっさりと借り入れができてしまった。』

 

一度、簡単に借り入れができてしまうと、多くの人はお金を借りることへのハードルが下がってしまいます。

 

生活費や交友費など、色々な会社から気軽に借りているうちに借金が膨らみ、ついには返済に困ってしまうという人は少なくありません。

 

借金が増えてしまうと、「上手くやれば借金から逃げられるのではないか?」という思考が過ることもあるかもしれません。

 

しかし、それは非常に危険な思考であり絶対に逃げてはいけません。間違いなく後々後悔します。

 

『結論から言えば、借金からは絶対に逃げられません。』

 

それどころか、借金から逃げることによって更に状況が悪化する可能性が高いでしょう。

 

今回は、借金から逃げようとするとどういった結末がまっているのか。

 

借金から逃げるのではなく合法的に、生活に影響を受けないように借金問題を解決する方法を解説します。

 

また、『複数社からお金を借りていて、他から借りて返済をするような自転車操業状態が続いている。』

 

『自力で借金を返済するのは厳しいと頭では分かりながらも、放置してしまっている。』

 

このような状態にまで状況が悪化している方は、手遅れになる前に今すぐに法律事務所に相談をしてください。

 

どの法律事務所に相談をしたら良いのか分からない方は、簡単に利用できる無料シミュレーションサイトの利用が便利です。

 

それでは解説をしていきます。

借金の時効とは?時間が経てば逃げられるのではないかという幻想は危険!

『借金には時効がある』

 

このような話を耳にしたことがある人も多いことでしょう。

 

どうあがいても、借金からは逃げられないと冒頭で結論をお話ししました。

 

ですが、「時効までの間に借金から逃げ回ればいいのでは」と考える方も一定数いる事も事実。

 

しかし、そう簡単にはいきません。

 

もしこの理屈が通るなら、日本で毎年5万人以上の人が自己破産の手続きなんてしていません。

 

自己破産をせずに、時効まで逃げてしまえばよかったわけですよね。

 

それができなかったからこそ、こんなにも借金で苦しんでいる人がいるという現実があります。

 

まず逃げられない理由の一つに、「お金を貸したことはなかなか忘れない」というものがあります。

 

お金を貸したことは、意外としっかり覚えているもの。

 

中学生時代に貸したジュース代をクラスメイトが返さなかったというネタ話は同窓会でのあるある話です。

 

「そんなこともあった!まだ覚えているぞ!」と、三十年も前の貸し借りをしっかり覚えていることだって珍しくありません。

 

ジュース代だって貸したことを覚えているわけですから、もっと大きな金額だったらそう簡単に忘れませんよね。

 

これが個人間ではなく、企業となれば更に時効まで黙って待っていてくれるはずもありません。

 

後ほど解説する時効の援用は当然行われますし、逃げているうちに、法的処置をとられ裁判となるのが目に見えています。

 

また、連帯保証人になってしまった事で背負った借金であっても、借金は借金。

 

気の毒ですが、「自分が作った借金じゃないのに!」と主張しても、借金を背負ってしまうことに代わりはありません。

 

やはり貸した側はきっちり覚えていますから保証人に取り立てがいくことになります。

 

時効があっても借金の援用による「中断」によって妨げられる

借金の時効は5年または10年。

 

簡単にどんな相手からの借金に、どの時効年数が適用されるか見てみましょう。

 

・個人の貸し借り 10年
・消費者金融の企業からの借り入れ 5年
・個人の貸金業者からの借り入れ 10年
・信用金庫からの借り入れ 基本は10年(例外あり)
・銀行からの借り入れ 5年

 

これらが時効年数の具体例になります。

 

ただし、信用金庫からの借り入れであっても、会員や個人事業主が借り入れたのであれば、時効は5年になります。

 

貸し借りした当事者のうちの片方は事業をやっているか?企業なのか?などによって時効の年数が変わってきますので注意が必要です。

 

消費者金融からの借り入れは5年で時効となりますが、消費者金融はそもそもお金を貸すことが仕事ですから、時効の完成を待って借金から逃げてしまうということを許すはずがありません。

 

時効は「中断」という手段で完成を妨げることができます。

 

中断されると、時効は振り出しに戻るという特徴があります。

 

つまり、「4年経ったぞ!あと1年で時効だ」という時に消費者金融が時効の中断にあたる行為をすると、あと一年で完成するはずだった時効がまた最初からやり直しということになってしまうのです。

 

消費者金融からお金を借りて「しめしめ、このまま時効まで逃げていよう」と考えても、「中断」という仕組みがあるので、時効を完成させて借金から逃れるのはとても難しいことなのです。

 

繰り返しとなりますが、借金問題は時間がたてばたつだけ状況は悪くなるだけで、良くなることは絶対にありません。

 

現在、借金問題に悩んでいるのであればまずは1日も早く専門家に相談することをおすすめします。

借金から逃げたら裁判で訴えられる?意外な行為も中断に

中断の効果がある代表的な行為は「訴えること」。

 

つまりは裁判を起こされてしまうという事です。

 

しかし、借金から逃げようとしても、必ず訴えられるというわけではありません。

 

ですが、時効を中断させる代表的なものが裁判上の請求、つまり訴えることなので、訴えられる可能性は決して低くないといえるでしょう。

 

「身を眩ませていれば訴えられなくて済むかも?」と考えるかもしれません。

 

ですが、住所がわからない場合も公示送達という方法で訴えてしまうことができるのです。

 

この方法は裁判所の掲示板に訴状を貼り出すことによって、住所の分からない相手に訴状が届いたことにするという方法です。

 

貸し手が「時効を中断させてやる!逃がさない」と怒っていれば、たとえ大急ぎで転居して住所をわからないようにしたとしても、訴えられてしまうことがあるということです。

 

時効を振り出しに戻す中断には、他に「差し押さえ」や「債務の承認」といった行為があります。

 

消費者金融からでも友人からでも逃げる方法はなしという結論

中でもとっても怖いのが「債務の承認」です。

 

一体どんな意味だと思いますか?

 

時効の中断で時効が振り出しに戻ってしまうこと自体が、借金から逃げようと考えている人にとってはとても怖いことです。

 

債務の承認にも時効中断の効果があり、しかも簡単にできてしまうのです。

 

シンプルに言うと、債務の承認とは、「お金を貸したよね」「うん」というやり取りのことです。

 

つまり、「借金をしました」と言葉や態度で認めてしまうことなのです。

 

他に具体例を挙げると、「借金の一部の返済」や、「返済を待ってくれるように頼むこと」がこの債務の承認にあたります。

 

支払いを猶予してもらうことや借金の一部の支払いは、借金があると認めるからこその行動ですよね。

 

時効完成で借金から逃げることを狙っても、意外と簡単に逃げ道は塞がれてしまうということです。

 

国内を逃げ回る!住民票で即バレることも

国内のどこか遠くに逃げるのはどうでしょうか。

 

こっそり引っ越しをして住民票を移してしまえば問題なし、なんて考えていませんか?

 

実は住民票は第三者も取得できてしまうのです。

 

自分が債権者であることを証明し、手続きに則って請求すれば住民票の取得は可能です。

 

ですから、住民票を移してしまうとあっさり逃げた先が債権者に知られてしまいます。

 

では、住民票を移さないでおくといいのではないか?という話ですが、そう簡単にはいきません。

 

それは、住民票を移さないことに罰則があるからなのです。

 

住民票は転入をした日から14日以内に移さないと過料が科される可能性があります。住民基本台帳法にもそう定められています。

 

また、住民票を移さないでおくと、免許証の手続きなど、日常生活に必要な手続きが難しくなってしまいます。

 

では、住民票を移さなくてよい範囲に引っ越せばいいと考えがちですが、住民票を移さなくてよい範囲となると、かなりの狭い地域を移動することになりますよね。

 

金融機関や消費者金融の代理人弁護士などが聞き込みをすると、あっさりと引っ越し先が知られてしまうことも少なくありません。

 

法律に従って住民票を移せば住所を知られ、移さなければ罰則がある。

 

移さなくてよい範囲だと、普段の生活区域が変わらないことや顔馴染みが多いせいで簡単に足がつく。

 

いきなり引っ越しをすれば逃げ切れるかというと、そういうわけではありません。

 

やはりお伝えしている通り、早期の段階で専門家に相談をし合法的に問題を解決するのが1番なのは間違いありません。

遠いところに逃げるのはどう?海外へ逃げても無理なのか

 

では、今度は距離の面で遠くに逃げてしまったらどうでしょう。

 

時効の中断があったとしても追って来られないような、例えばアメリカやフランスとまではいわなくても、タイや韓国など物価の安いアジアへ逃げてしまうならどうでしょうか。

 

債務を承認してしまって時効が振り出しに戻っても、海外へ逃げてしまえばおしゃべりだって簡単にできません。

 

時効が完成しやすくなります。

 

また、お金を貸した側だって取り立てするのが難しくなりますよね。「これなら逃げられるのでは?」と思ってしまいます。

 

しかし、海外逃亡しても、そんなに上手くはいきません。

 

借金の場合、海外にいる間も時効が進行します。

 

犯罪などの刑事事件では海外へ行くと時効が中断するのですが、借金は民事の話なのでそのまま時効が経過するのです。

 

債権者側は海外の不慣れな地で債務者を探し出すことはとても難しいです。

 

ですが、借金額が大きいのであれば、基本的に担保を提供していることが多いですよね。

 

自分の所有するものが競売に付されてすっかり姿を消していたとなると、帰国後にどうやって生活するのでしょうか。

 

もちろん借金から逃げたわけですから、金銭面で手助けをしてくれる企業はほぼ見つかりません。借りることができるとしたら闇金くらいです。

 

また、前述しましたが、貸しては借り手の住所がわからない状態でも訴訟を起こすことができます。

 

「しめしめ。このまま5年間逃げ切ってやろう」と企んでいても、日本国内で訴訟を起こされて時効は中断、担保もすっからかんということになりかねません。

 

そもそも、海外に逃げるためにはそれなりの金額が必要ですが、借金で行き詰っているのであれば海外逃亡の資金捻出自体が難しいのではないでしょうか?

 

それこそ海外逃亡用の資金を消費者金融や銀行から借りようとしても、「借金を返さない」ということは滞納が続いている可能性が高いということ。

 

信用情報にブラックリストとして記載されていることになります。

 

企業がお金を貸す場合は信用情報を参照しますから、ブラックリストの一人だと分かれば、ほぼ審査落ちで、お金を借りることはできません。

 

海外に逃げよう!

 

現実的ではない考え方です。

 

借金から逃げたら犯罪?警察に追われる可能性もゼロではない

前項で「借金は刑事ではなく民事の話」という説明をしました。

 

だからこそドラマのように、借金をして海外へ行くからと言って警察が空港で張り込みをしていて逮捕ということはありません。

 

しかし、これには「一部の例外を除いて」という断り書きがつきます。

 

それは借金から逃げることが詐欺罪に該当してしまう場合があるからです。

 

最初から返すつもりもなくお金を借りた、踏み倒す気でいたのにお金を借りたなら、詐欺罪に該当する可能性があります。

 

詐欺は立派な犯罪ですから警察から追いかけられますよね。

 

借金は民事で、個人間の問題、あるいは個人と金融機関などの問題です。

 

ですが、お金を借りたことが詐欺罪にあたれば警察に追われることになります。

 

金融機関に警察まで加わってしまっては、逃げることは絶望的という他ありません。

 

姓が変わっても借金の記録は残るって知ってる?

遠隔地への逃亡が無理なら、名前を変えてみるのはどうでしょうか。

 

例えば姓が鈴木で名前が一郎だったとします。鈴木一郎という名前でお金を借りているわけだから、姓を『佐藤』に変えてしまえば、佐藤一郎となり、まったく別人になります。

 

それなら自分の作った借金ではないと言い張ることができるのではないかという理屈です。

 

しかし、この理屈も通りません。なぜなら、名前を変えたくらいでは、情報を辿っていけばあっさり前の名前がわかってしまうからです。

 

取引履歴や信用情報を確認すると、その人の履歴がまったく出てこないことに金融機関や消費者金融は「あれ、おかしいぞ?」となります。

 

そうすると次に考えるのは、結婚や離婚で姓が変わってしまって履歴や情報が呼び出せないから、出てこないのではないかということです。

 

名前を変えても情報を辿っていくと、簡単に昔の名前を突き止めることができます。結果的に、借金からは逃げられないということです。

 

債務整理で合法的に解決をするのが一番

時効も難しい。

 

海外逃亡も難しい。

 

名前を変えてもすぐにバレる。

 

借金から逃げることはほぼ不可能に近いといえます。

 

そこで考えたいのが、「逃げる」のではなく「借金を片付ける」ということです。

 

逃げるのではなく、合法的にきちんと借金を片付ける方法があります。

 

その方法とは、「債務整理」。最近ではテレビCMも多く放送されていますので、名前を耳にしたことがあるこもしれません。

 

債務整理には自己破産や個人再生、任意整理、特定調停といった方法があります。

 

なじみが深い過払い金請求も債務整理の一つです。

 

借金の額やその人の所持している現在の財産によってどの方法が適切か変わってきます。

 

これらの方法はまとめて債務整理と呼ばれ、積み重なって返済が苦しい借金を整理できる合法的な方法なのです。

 

債務整理や自己破産というと、人生の終わりと思う方もいます。

 

ですが、債務整理をする人は年々増加しており、実際に専門家に相談をしてみると思った以上にあっさりと借金問題が解決するケースがほとんどです。

 

また、長期に渡って返済をしている人の場合、多額の過払い金が発生しており、相殺により借金が帳消しになったどころか、お金が戻ってきた。という事例も多いです。

借金から逃げるという方法まとめ

 

借金から逃げ切るのは難しいです。

 

もし奇跡的に逃げ切れたとしても、借金から逃げたという現実はその後の人生に暗い影を落とします。

 

本当にお金が必要で苦しんでいる時に、誰も金銭的な援助をしてくれない可能性があるのです。

 

心の底から愛する家族と住むための家が欲しいと願った時にどこも住宅ローンを貸してくれなかった。

 

そしてその理由が過去に借金から逃げたことであった。想像すると辛くないですか?

 

逃げるのではなく、きちんとした方法で借金を整理してしまいましょう。

 

『債務整理をすることで借金に苦しんでいる人も人生をやり直すことができます。』

 

まずは1日でも早く専門家に相談をすることをおすすめします。

多くの人が無料匿名シミュレーションサービスで借金問題を解決しています。

匿名で使える無料シミュレーションサイトでは、借入れ状況や住んでいる地域等から、あなたに1番合った借金の解決方法を教えてくれます。

実際に、多くの方が良い先生に話を聞いてもらうことで、借金の悩みを終わらすことに成功しています。

そしてほとんどの方が声をそろえて言うのが、「こんなに簡単に終わるのならもっと早くしておけば良かった。」という事です。

借金の問題は悩んでいる間にも、利息や延滞金が増え続けてしまいます。
無料シミュレーションは簡単にできますので、まずは自分の状況を確認し、早急に借金解決の第一歩を踏み出す事をおすすめします。

匿名無料シミュレーションサイトで状況を確認する⇒

saimuseiri-mineruba

関連ページ

債務整理は弁護士と司法書士どっちに依頼するのが良いの?費用と違い
特定調停って何?実際の流れやメリット・デメリットについて
債務整理の無料相談は弁護士や司法書士にどのくらいの時間できる?
生活保護受給者と債務整理〜借金がバレたら受給は止められる?
債務整理をすると利息や遅延損害金はどのくらい減る?
債務整理の種類によって弁護士や司法書士に払う費用は違う?
債務整理とマイナンバー〜自己破産や任意整理、個人再生をするとマイナンバーに記載される?
過払い金請求のデメリットって?消費者金融へ完済後なら影響はなし!
個人再生は家を残せる大きなメリットがあるが2つのデメリットもある
債務整理と生命保険〜自己破産は解約返戻金が没収されるので注意が必要!
自己破産はメリットしかない?家族や子供、仕事にデメリットはないの?
旦那の借金で債務整理をするとどうなる?マイホームは処分される?
彼氏や彼女が借金で債務整理したら婚約者にも結婚後に影響がある?
自己破産と個人再生どっちが良い?費用やメリットデメリットの違い
グレーゾーン金利と債務整理の関係〜過払い金が発生する仕組みと対策
債務整理をするとブラックリストに名前や住所が載るの?
債務整理の流れ〜弁護士や司法書士に手続きを依頼してからの流れと期間
親が債務整理をすると子供の奨学金の連帯保証人になれない?
妻が債務整理をしたら夫に内緒の借金がばれたり旦那の仕事に影響はある?
取り立てや督促電話が掛かってきたら債務整理中と伝えていいの?
債務整理した後に新しくローンを組む事はいつからできる?
債務整理と職業制限〜自己破産をするとクビや仕事への影響がある?
債務整理後に自動車ローンは組める?カーローン審査を通す2つの方法
一部のクレジットカードや借入だけを残して債務整理する事はできる?
任意整理のメリットとデメリット〜債務整理で1番多い手続きの注意点
弁護士や司法書士への報酬を支払うと債務整理前より借金が増える?
オンラインゲームやスマホアプリの課金で作った借金は債務整理できる?
債務整理の無料相談を弁護士や司法書士にする前に注意したい2つの事
債務整理をした後も市営・県営・都営の公営住宅に住み続けられる?
債務整理を依頼した後に弁護士や司法書士を変える事は可能?
債務整理をしても借金が減らない事はない!利息や遅延損害金の大切さ
債務整理すると具体的にどのくらい借金が減る?減額できる金額とは
債務整理後に持っている他のクレジットカードを使う事はできる?
リボ払いと債務整理〜クレジットカードのショッピング枠は対象なの?
債務整理が会社に知られる可能性〜自己破産でも勤務先にバレない方法
債務整理中や手続きをする前に新しくローンを組む事は出来る?
債務整理とブラックリスト登録期間〜個人情報は何年間載るの?
債務整理で車を残す方法〜自己破産や個人再生は車を引き上げられる?
債務整理は家族にどんな影響やデメリットがある?内緒にはできる?
過払いが発生していなくても債務整理をすれば借金は減るの?
債務整理と賃貸マンション・アパート問題〜保証会社の審査には通る?
債務整理後に消費者金融や銀行から借入や融資をしてもらう3つの方法
債務整理は任意整理、自己破産、個人再生、どれを選択したら良いの?
債務整理費用が高い法律事務所をキャンセルして変更する事は出来る?
債務整理と携帯電話〜スマホの分割払い購入や新規契約・機種変更
債務整理のデメリットQ&A
債務整理と法テラス〜自己破産や任意整理の弁護士費用の違いとメリット
債務整理とおまとめローンどっちがいい?任意整理や自己破産との違い
債務整理と取り立て〜自己破産や任意整理をすると督促電話や手紙は止まる?
債務整理と個人信用情報〜任意整理や自己破産をした後の信用情報
債務整理と銀行口座凍結〜任意整理や自己破産後は口座が使えなくなる?
債務整理と親バレ〜実家住まいの場合や自己破産は内緒にできない?
債務整理と持ち家〜自己破産や個人再生をするとマイホームが競売に!?
債務整理をした後に新しいクレジットカードを作ることはできる?
債務整理と連帯保証人〜自己破産や任意整理をした場合の影響と対策
債務整理後は家族もクレジットカードが作れない?家族カードと名義問題
借金は時効を待っていても無理!債務整理で問題解決をする方が得策
借金の放置はダメ絶対!裁判になる前に弁護士に相談して債務整理を!
借金の放置で消費者金融や銀行から訴えられた!債務整理で解決できる?
債務整理すると給料は差し押さえられる?給与所得者が注意したい事
債務整理後の返済期間と金額〜法律事務所によっても分割回数は違う!
債務整理後のETCカード対策〜自己破産や任意整理をしても使える?
債務整理は面談なしでも出来る?任意整理や過払い金請求の面談義務
債務整理をしたら年金に影響はでる?年金受給者が注意しておく事
借金返せないと悩む人は今すぐに債務整理をするべき理由と対策方法
借金整理を弁護士に相談する方法と費用〜債務整理をする前の基礎知識
債務整理をした後にデビットカードを新しく作る事や使う事は出来る?
債務整理はこうして失敗する!3つの失敗談から失敗しない方法を学ぶ
債務整理とメール相談〜法律事務所に行かないで手続きはできる?
借金地獄から抜け出したい!債務整理で現状を逆転する方法まとめ
『人生終わった』と諦めないで!借金問題は債務整理で人生をやり直せる
借金癖は債務整理で強制的に治すのが1番〜夫や家族の借金で悩む人へ
人生やり直したい!借金で悩む人は債務整理で再スタートをしよう
債務整理と保険〜自己破産をしたときの解約返戻金と新規加入について
借金を元金だけの返済にする債務整理の方法〜利息を無くして元本だけに
借金まみれの人生は債務整理で変えられる!辛い生活を脱出する方法
債務整理と無料相談会〜借金問題は市役所を通して弁護士に相談できる?
親の借金と債務整理〜子供の返済義務と弁護士に相談すべき3つの理由
先物取引と債務整理〜日経225や商品先物の借金は自己破産出来る?
債務整理と電話連絡〜家族に内緒にしたい人は法律事務所の電話にも注意
借金減らしたい人には債務整理の相談をおすすめする2つの理由
債務整理後の生活への影響と対策〜任意整理や自己破産をした後の人生
借金で自殺を考える人へ〜ダメ絶対!債務整理で人生は救われる!
債務整理したい人は今すぐに弁護士や司法書士に相談をする事が超重要
債務整理の相談を今日にでもするのをおすすめする5つの理由と方法
債務整理を早くする3つの方法〜自己破産や任意整理はすぐできる?
債務整理をするとどうなる?自己破産や任意整理をした後の影響
借金詰んだ人へ〜人生はやり直せる!債務整理と根本的な問題解決方法
土日に債務整理の相談ができる法律事務所8選【弁護士・司法書士】
債務整理とパスポート〜自己破産や任意整理をすると取得できない?
債務整理の相談に全国対応している3つの法律事務所と注意点
借金を帳消しにする債務整理の方法〜自己破産や任意整理で借金問題を解決
借金チャラにする自己破産の方法と注意点〜借金がやばい人の債務整理術
借金が辛い人生は債務整理でやり直せる!つらい貧乏生活を抜け出す方法
債務整理と退職金〜自己破産や個人再生をすると退職金は没収される?
借金の取り立てが怖い!手遅れになる前に弁護士に債務整理の相談を!
借金もう無理なら債務整理を検討する理由〜もう借りられないとなる前に!
マグロ漁船に乗って借金返済よりも債務整理や自己破産をする方が賢い
多重債務と債務整理〜体重債務者が任意整理や自己破産を検討するべき理由
債務整理をしてもカードを残す!任意整理や自己破産をしてもカードは残せる?
債務整理は法テラスよりも法律事務所に直接相談すべき2つの理由
債務整理を法律事務所に相談すべき4つの理由と債務整理のメリット・デメリット
借金が憂鬱な人は債務整理をした方が良い5つの決定的理由
債務整理をするといくらまで借金が減る?任意整理や自己破産後の借金額
債務整理とボーナス〜任意整理や自己破産をするとボーナスも没収される?
債務整理のやり方〜弁護士や司法書士に自己破産や任意整理を成功させる方法
債務整理7つの相談窓口〜借金問題を円滑に任意整理・自己破産する方法
債務整理は誰でもできる?自己破産や任意整理、個人再生出来ない借金とは
借金で差し押さえられる3つのもの〜差押前に債務整理を検討するメリット
借金は死んだらどうなる?遺族に迷惑をかける前に債務整理した方がよい5つの理由
借金は親に相談する前に法律事務所に相談!債務整理3つの方法で問題解決
借金ノイローゼは人生を狂わせる!今すぐ債務整理を検討すべき3つの理由
借金減らない!利息で元金が減らない人が債務整理を検討すべき理由と方法
借金延滞の言い訳を考えるよりも債務整理を検討すべき7つの理由
借金楽になりたいなら法律事務所に債務整理の相談をするべき4つの理由
債務整理はデメリットなし?自己破産や任意整理をして不利になる6つの事
借金の夜逃げは成功しない!合法的に債務整理をするべき理由と4つの方法
債務整理をするとマイルは無くなる?自己破産や任意整理、個人再生とマイレージ
借金払えないとどうなる?裁判になる前に債務整理の相談をすべき理由と解決策
債務整理は初期費用なしでも出来る?初期費用がない人の3つの方法
債務整理とペアローン〜自己破産や個人再生をする前の9つの注意点
借金は苗字を変えれば返さなくて大丈夫?変更前に債務生理をすべき理由
借金が辛いからって絶望しないで!債務整理で人生をやり直す5ステップ
借金は踏み倒し 方法を考えるよりも債務整理をした方が良い4つの理由
債務整理と住民票〜個人再生や自己破産をすると住民票に情報がのる?
債務整理と戸籍謄本〜個人再生や自己破産をすると戸籍謄本に情報がのる?
債務整理と資産隠し〜財産隠しをするとどうなる?知っておきたい6つのポイント
借金が自転車操業になっている人が債務整理を検討すべき5つの理由と方法
債務整理の相談は複数法律事務所にしてもいい?良い法律事務所を見つける4つの方法
債権差押命令が届いたらどうしたらいい?差押えの解除と債務整理の関係
債務整理をすると土地は没収される?土地や農地・畑を残す方法
債務整理後の生活って?債務整理を終えた後の3つの変化と過ごし方
債務整理の成功率ってどれくらい?手続き別の失敗原因と借金を減らせる確率
借金があると生活保護は受けられない?債務整理をしてから生活保護申請できる?
借りたお金を返さないのは罪になる?詐欺罪になる可能性と債務整理の有効性
債務整理は結婚前と結婚した後どっちがいい?6つのポイントとタイミング
債務整理をするとペナルティーがある?任意整理や自己破産をする代償
借金返済計画の立て方〜借金の返済計画の作り方4ステップと債務整理
自己破産するとどうなる?自己破産後の生活で変わる6つのこと (1)
内容証明を無視し続けるとどうなる?債務整理による借金の対応方法
債務整理をすると取引先にばれる?自己破産、任意整理、個人再生をする前の注意点
債務整理すると旅行に行けない?自己破産、任意整理、個人再生と旅行
自己破産をすると娘や息子に影響する?知っておきたい7つのこと
自己破産は恥ずかしい事ではない!うつ病や自殺を考える前にすべき理由
債務整理と転職〜自己破産や任意整理、個人再生をすると転職活動に影響する?
自己破産をしたら再就職はできない?自己破産をして転職活動に影響は出るのか
自己破産をすると失う6つのもの〜自己破産をしたら失うものや権利と注意点
自己破産したくない・・・。自己破産以外の債務整理と借金問題解決方法
過払い金請求をするとブラックリストに載ってクレジットカードや借入が出来なくなる?
債務整理が終わるまでの期間って?任意整理、個人再生、自己破産が完了するまでの時間
自己破産をすると住宅ローンを組めない?自己破産後に住宅ローンを組む3つの方法
自己破産の流れ〜弁護士に依頼してから裁判所が決定を下すまでの期間と流れ
自己破産でも車を残す方法はある?自動車ローンはどうなる?自己破産と車について徹底解説
債務整理に強い弁護士5つの探し方〜任意整理や個人再生、自己破産を成功させる弁護士の選び方
名前を変えれば借金を返さなくても大丈夫?苗字を変える前に債務整理を検討する3つの理由
免責不許可事由の具体例と対策〜消費やギャンブルは?判例から考える対応策
消滅時効とは〜起算点と消滅時効の援用をするよりも債務整理をすべき理由
国が認めた借金減額方法〜詐欺?返せなくなった借金を解決する債務整理の方法
自己破産をすると給料も没収される?債務整理と給与、ボーナスについて解説
借金のボーダーラインはいくら?債務整理するタイミングと自力返済可能金額
自己破産をすると車も没収される?通勤や通院、田舎で車がなければ生活が出来ない時の対策
債務整理とピアノ〜自己破産、個人再生、任意整理をすると子供のピアノも募集される?
自己破産と生活保護〜自己破産をすると生活保護受給資格がはく奪される?
借金がいくらあるか分からないのは危険!今すぐ債務整理を検討すべき理由と方法