ケース別債務整理

ケース別債務整理記事一覧

『株やFXが原因で借金を作ってしまった。』fXや株取引(信用取引)では「追証」として証券会社や、FX業者に対して債務が発生してしまうことも珍しくありません。基本的には、証拠金に対して損失の金額が大きくなりすぎる前に、強制ロスカットが行われるため、追証の金額が大きくなりすぎるというケースは限られています。しかし、数十倍のハイレバレッジでの取引で急激な相場変動があった時には一夜にして、莫大な金額の追証...

債務整理は個人だけが行うものではなく、法人格であっても手続きをとることが可能です。『会社を経営していたけれど事業がうまく行かず、多額の借金を抱え支払いが滞ってしまった。』近年では、中小企業を中心に法人を対象とした、債務整理を行う経営者が増えています。特に、東日本大震災後から法人の債務整理は急激に増加傾向にあると言えるでしょう。ですが、安心してください。法人の債務整理を行った後でも再起を図る事は十分...

『自営業者が債務整理をすると、仕事や生活にどんな影響が出てしまうのだろうか・・・。』『債務整理をすることで、自営業を続けることが出来なくなってしまうのではないか。』このように、自営業者の方の借金問題はサラリーマン以上に慎重になるものです。自営業者の収入は、時期によって大きく左右されるので会社員と比べて安定しづらい傾向にあります。ギャンブルや生活費だけではなく事業の影響で、返済が困難な借金を抱える自...

会社の連帯保証人になった事で作った借金は債務整理をする事ができるのでしょうか。事業経営者の場合、法人の代表として個人で連帯保証人となっているケースが大半です。会社が再生手続きを開始すると、保証人となっている社長個人に借金を返済する義務が生じます。ある程度の会社規模の場合、借金の金額は個人ではとても返せない額になっているケースがほとんどでしょう。その場合、会社について清算手続きを進めると同時に、社長...

『シングルマザーが債務整理をすると、子どもにどんな影響があるんだろう・・・。』『債務整理をすることによって、生活に影響が出てしまうのは絶対に避けたい。』このように債務整理をする前に、子どもや債務整理後の生活を悩む方は非常に多いです。一般家庭に比べて経済的にも裕福とはいえないケースが多いシングルマザー。実際に、シングルマザーの方で債務整理をする人は年々増えています。シングルマザー家庭の場合、その後の...

最近では、住宅ローン以外にも気軽に借りやすいカードローンを扱っている銀行が増えました。また、総量規制により消費者金融では、年収の3分の1までしか借り入れができなくなり、銀行から借り入れる方が急激に増えた影響も大きいでしょう。銀行からの借金は、消費者金融に比べると金利も安いし、安心かもあります。しかし、そんな安心感からついついお金を借りすぎてしまい返済が出来なくなる人は多いです。そんな時に考える債務...

『念願のマイホームを手に入れたけど、その他の借金や仕事の影響で支払いが厳しくなってしまった。』このように、様々な理由によって住宅ローンや消費者金融への支払いが厳しくなる方は非常に増えています。せっかく苦労をして購入した家を守りたいのは、誰でも同じなのは言うまでもありません。住宅ローンを返済できなくなった場合、債務整理を検討する必要がありますが、家を残したまま借金を減らす事は可能なのでしょうか。結論...

『借金が増えすぎて、現在の収入では返済が困難になってきた。』『債務整理を検討したいけれど、自分の借金は対象なのか対象外なのか。』特に、ギャンブルやブランド品の購入、キャバクラやホストクラブでの飲食代など、明らかに自分が原因の借金が多い方は不安に思うかもしれません。結論から言うとこのような、明らかに自分に原因がある借金でも債務整理をすることは可能です。ですが、債務整理の選択を誤るとメリットではなくデ...

以前はテレビで多くのCMを流し、消費者金融の中でも知名度の高かった武富士。旧株式会社日栄、俗にいう日本保証が運営を行っていました。厳しい取り立てが社会問題となった影響等から、現在では武富士も消費者金融から撤退していますが、日本保証の借金は債務整理ができない。このような話を聞いたことがある方も多いでしょう。ですが、日本保証を相手として債務整理を行う事は可能です。今回は日本保証からの借金を正しい方法で...

テレビでも連日多くCMが流れるアコムやアイフル、プロミスといった『消費者金融』サラリーマンや学生、主婦でも気軽に借りる事が出来る事もあり、非常に便利な事は間違いありません。また、多くの方が消費者金融でカードローンや、キャッシングを利用していて、その人口は年々増えています。しかし、便利な反面ついついお金を借り過ぎてしまい返済が困難になってしまった。『消費者金融への返済が出来ずに、また別の消費者金融か...

『競馬にはまって、多額の借金を作ってしまった。』パチンコやスロットと違って、競馬は自分で賭ける金額が決められる分、負けた時の金額が大きくなる事もあります。堅いと思われたレースで消費者金融から大金を借り、つぎ込んで溶かしてしまう方も少なくはありません。私も、以前ダンスインザムードのオークスやディープインパクトの有馬記念で大金を溶かしてしまった経験があり気持ちは痛いほど分かります。一般的に競馬等ギャン...

『消費者金融やクレジットカード会社からの借り入れだけでは、足りなくなってしまい闇金に手を出してしまった。』闇金は、消費者金融や銀行とは違い督促や取り立てが厳しい事で有名です。その非人道的な取り立てによって、うつ病や精神病になったり、仕事へ影響が及ぶ方も多く社会問題にもなっています。そんな闇金からの借金は債務整理できるのか。と考える方も多いのではないでしょうか。結論から言うと、闇金からの借金は基本的...

『パチンコやスロット、競馬で作った借金の返済がきつすぎる・・・。』このように、ギャンブルが原因で少額の借金をしたことがきっかけで返済が厳しくなる方は非常に多いです。ギャンブルでの借金は自分の責任だから、債務整理や自己破産の対象外。という事をよく耳にします。ですが安心してください。これは誤った情報です。ギャンブルでの借金でも、2019年現在では正しい手続きをすることで債務整理による問題解決をすること...

『昔、債務整理をしたことがあるけれど、また借金を抱えてしまって返済できる見込みがない。』このように、1度債務整理をした後に、また借金を作って返済が困難になる方は非常に多いです。そんな時には、もう一度債務整理をする事を検討する必要があります。しかし、債務整理は以前に手続きをした事があっても、2度目、3度目の手続きを行う事は可能なのでしょうか。結論から言うと、債務整理は2回目でも、手続きをする事で借金...

念願の住宅を購入したけれど、会社が倒産してしまったり、リストラにあってしまい、住宅が競売にかけられる可能性が出る方は、非常に多いです。定期的な収入を見込んで、住宅ローンを組んでいるので、収入が途絶えてしまったら、支払いが難しくなるのは当然です。今回は債務整理を上手に利用する事で、自宅が競売にかけられない方法を紹介します。マイホームを守りたい場合は民事再生手続きを検討してみる住宅ローンのほかにも借金...

消費者金融からは借り入れはしていないけれど、クレジットカードは日常的に利用している。テレビやラジオでも見かける過払い金請求が気になるけれど自分は対象になっているの?実際の所はどうなのか、分からない方も多いのではないでしょうか。今回はクレジットカードの使用でも、過払い金請求の対象になる可能性はあるのか。解説していきます。キャッシング枠なら過払い金発生の可能性ありクレジットカードでも、キャッシングして...

大学や専門学校に進学時に奨学金を借りたけれど、社会人になって返済をするのが難しくなってしまった。給料が昔と比べて下がっている近年では、卒業と同時に多額の借金を抱える人が、お金を返しずらくなってきています。そんな時に債務整理を検討する方もいるでしょう。ただ、奨学金は債務整理の対象になるのでしょうか。結論から言うと奨学金も債務整理の対象となります。今回は奨学金をスムーズに債務整理する方法について解説し...

借金でどうしようもなくなったけれど、現在休職中や失業中で無職だから、債務整理をする事ができないのではないか?意外と気にされる方もいますが、無職であっても当然、債務整理をする事はできますし、債務整理に職業の制限はありません。ですが、無職の人は債務整理をするお金がないケースも多く見受けられます。今回は、そんな方はどのようにして債務整理をしたらよいのか。解説をしていきます。また、無職の方は一般的に働いて...

お金を借りて、さらにその穴埋めのためにお金を借りてしまう。『最初は軽い気持ちで借りていたけれど、いざ返済になると困ってしまって生活苦に陥ってしまう。』これは決して珍しいことではありません。お金を借りた時は多くの人が『きちんと返済しよう、これくらいの金額なら返済できる!』と考えます。しかし、なかなか予定通りに返済が進まず、最終的に「借金で首が回らない!」なんていう状態になる方も、非常に多いのが現状で...

奨学金は学生生活を助けてくれる大切な資金源です。現在では大学生の50%以上の人が奨学金を借りていて、平均312万円もの借金を卒業と同時に背負うと言われています。人によって返済額は異なりますが、平均して1万5000円〜3万円程度毎月返済しています。しかし、奨学金を借りた多くの人はその返済に苦しめられ社会問題にもなっています。大学を卒業しても絶対に就職できるとは限らない時代ですし、有名大学を卒業しても...

消費者金融やクレジットカード会社からお金を借りても、毎月の収入があれば返済できるだろうと考える方は非常に多いです。基本的にはサラリーマンをしていると給料といった形で、安定的な収入をもらえるので、計画的に返済が出来ると考えてしまいがちです。しかし、現実的には安定した収入があっても、返済に回すお金を捻出することは簡単なことではありません。最初は順調に返済をしていても、そのうち行き詰まってしまうケースは...

『毎月、給料をもらっても返済だけで生活が厳しくなる…』『給料だけで足りない生活費をまた借金している毎日がつらい…』このように感じたことがある人は非常に多いです。借金をする原因はギャンブルであったり、生活費の補填であったり人によってさまざまです。冠婚葬祭や、入院費など一時的な生活費の困窮で借入を行った場合などは、その後問題なく返済できることもあるかもしれません。しかし、借金の返済のためにまた別の消費...

収入が安定しており社会的な信用も高い公務員は、キャッシングやカードローン会社を利用する場合にも審査が有利というのは良く聞く話です。簡単にお金借りる事が出来てしまうため、気が付いたら借入金額が大きく膨れ上がってしまい、借金返済が難しくなってしまうなんて人も少なくはありません。しかし、『公務員をしているのに債務整理をしたら何かペナルティーがあるのでは?』『公務員なのに債務整理をした事がバレたら世間的に...

身体や心の変化が激しく、なにかと敏感になってしまう妊娠中。今後の人生設計など、考えることも多いですよね。子供がいなかった頃は好きに使っていたお給料も、将来のために貯金や節約しなくてはいけません。いざ子供が生まれた時に困ってしまわないように、お金の問題は妊娠中にすっきりさせておくとは非常に重要です。キャッシングやローン返済などをしている方は、産前産後、そして育児中の働けない期間の返済についてもしっか...

保険を販売する職に就いている人や、保険会社に勤めている人の中には、業務に必要となる“保険募集人”という資格を持っている人が少なくありません。しかし、『保険募集人の資格を保有する人が債務整理をすると資格が停止されてしまう。』このように聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。結論から言うと、債務整理の中でも自己破産を選択した場合には保険募集人の資格は停止されます。しかし、ずっと資格が剥奪されてい...

お金や金融商品を扱うだけに、信用が非常に重要となる銀行。銀行で勤務している人は、しっかりしている人、真面目な人といったイメージを持たれがちでしょう。お堅い職業という印象が強いだけに、借金問題などで受けるマイナスの影響も普通の会社勤めの人と比較すると大きくなります。借金や債務整理の事実がバレることで、仕事や業務内容にも多大なる影響を与えてしまうのではないか?と不安視される方も多いでしょう。今回は、保...

不動産取引のスペシャリストともいえる資格、宅地建物取引士。昔は、宅地建物取引主任者と呼ばれた宅建資格。合格率の低い人気の国家資格なだけに、資格を取得すると転職やキャリアアップにもつながります。このような国家資格の一部は、債務整理をした場合に影響が出てしまうという話もありますね。難しい資格をもっている人の中には、『せっかく苦労してとった資格をはく奪されるくらいなら・・・。』このように、無理な借金返済...

『子どもの借金がすごいことになっている。』『何度も何度も、お金で失敗を繰り返している。』このように、子どものお金のトラブルに頭を悩ませる方は非常に多いです。昔に比べて簡単にお金を借りられるようになったことや、リボ払いの普及も大きな原因でしょう。親にとって、子供の借金問題は自分自身のこと以上に心配ですよね。一括で返済できてしまう程度の金額であればまだいいですが、複数の貸金業者から借り入れをしていたり...

不動産投資は、一昔前には資産家や投資家のような多額の資金を持っている人がおこなうイメージでした。ですが、最近ではマンションのワンルーム経営といった規模の小さい投資もあり、普通のサラリーマンでも手を出しやすくなっています。節税対策や副業の一環として、不動産投資に興味を持っているサラリーマンも多いことでしょう。実際に、サラリーマン大家さんという言葉も登場し不動産投資人口は増えています。しかし、バブル時...

総量規制ができて、消費者金融等からのキャッシング融資限度額に制限が設けられるようになりました。ですが、総量規制に銀行は含まれておらずいまだに借金返済に苦しむ人は後を絶ちません。年収の3分の1まで借りられるということは、年収300万円の人であれば100万円までOKということ。中には銀行のおまとめローンを利用してまた、消費者金融から多額のお金を借りてしまう人もいます。収入にもよりますが、100万円もの...

日本国籍を取得していない外国人の方でも、お金を借りる事は出来ます。以前は、外国籍の方にお金を貸してくれる会社は多くはありませんが近年では徐々にその数も増えています。そして、それと同時に借金の返済が出来なくなってしまう外国人の方も増加傾向にあります。返済に困った時、日本人であれば債務整理をする事で借金問題を解決する事ができますが、外国籍の方の場合はどうなのでしょうか。結論からいうと、外国人の方であっ...

借金の返済に苦しんでいる人は、自分と同じような境遇の人がいないか気になることでしょう。借金に苦しんでいたり、苦しい借金を完済したというようなブログを読むと、自分も頑張ろうと気力がわいてきますよね。そんな借金カテゴリーで人気のブログに「30歳無職の借金1000万円返済ブログ」というものがあります。『借金ブログたけし』と言う名前を耳にしたことがある人も少なくはないのでしょうか。このブログはかなりリアリ...

キャッシングやカードローンが世の中に浸透してきたことで、借金をする人の年齢にもかなり幅が出てきました。そんな背景もあってか、昔ではあまりいなかった20代の利用者も年々増加しています。学生ローンと呼ばれる大学生や専門学校生向けの業者も増えた結果、新社会人だけではなく学生のうちからお金を借りることに慣れてしまっている人もいるでしょう。20代で若いうちは、友達との付き合いや服や趣味にもお金がかかるのは当...

仕事にも慣れ、収入が安定してくる反面、結婚や出産などで何かとお金が必要になる30代。自分1人の生活を賄えばいい20代と比較すると、急に出費が増える年代ですね。家族の将来や自分の仕事についても責任を持たないといけない立場であると同時に、新しい人付き合いもまだまだ増えます。収支のバランスを上手にとっていかないと、急な出費に対応できず借金をしてしまうことも。30代で借金にお困りの方は、債務整理をしたほう...

ちょっと前までは、投資と言えば株やFXがメインのイメージでしたが、最近では投資取引の種類も様々。初めての人でも挑戦しやすいように、証券会社や取引所のフォロー体制も整ってきています。素人でも手を出しやすい投資として、投資の登竜門などと呼ばれている“バイナリーオプション”というものがあります。価格が高騰するか下落するかの2択を予想するだけなので、ゲーム感覚でハマる人も少なくないのだとか。FXと比較する...

最近メディアなどでも耳にすることがある仮想通貨・ビットコインというキーワード。スマホアプリなどになじみのある世代は、スマホゲームなどで使われるゲーム内貨幣の同じようなものかな?と簡単に想像することができるでしょう。じつは、ビットコインをはじめとした仮想通貨の中には、実際のお金を稼ぐ投資対象とされているものもあるようです。つまり、株などと同様に、ビットコインを売買して利益を得るということですね。また...

つもりにつもって、気がつけば借金総額が200万円以上に膨れ上がってしまった。最初は生活費の足しや、月末に少し借りるはずだったのにいつの間にか200万円を超える借金を抱えてしまった。消費者金融やクレジットカードは便利な反面、自分のお金のように感じてしまうものです。実際に、このようにいつの間にか200万円を超えるような多額の借金を抱えてしまう方は非常に多いです。今回は、借金200万円は現実的に返済可能...

50代の方が抱える借金の特徴は、生活苦を原因とするものが多いことにあります。生活苦を原因とする場合は、その問題が長期化しやすいために、借入期間が長期にわたっている場合や、借金の総額が多額となっていることが少なくありません。また、50代の方の場合には、給与額(可処分所得)が若い方に比べて多いことや、持ち家等の資産を保有していることが、債務整理の際の弊害となることもあります。ずばり、50代の方が債務整...

多くの方が定年退職を迎える60代。そんな60代の方が債務整理をする時には、「安心して老後を迎えるためはどうしたらいいか?」という点を考え手続きを進めていく必要があります。退職金や年金、そして持ち家のこと。60代の債務整理では若い方以上に慎重に債務整理を行わなくてはいけません。今回は、60代の方が債務整理をする際に重要な7つのポイントをまとめました。60代の方で債務整理を考えている方は、参考にしてく...

国の安全を守るという特別な役割を担っている、自衛官。自衛官と言っても同じ人間なので、借金をする事もあれば返済が困難になる事もあります。そんな時に考える債務整理ですが、自衛官の場合、一般人に比べて注意が必要なのは間違いありません。理由は、債務整理をしたことがバレれば、昇進や私生活に悪い影響がでる可能性が少なからずあるから。今回は、自衛官が債務整理をする際に注意しなければならないポイント、スムーズに手...

会社の役員といえば一般の方に比べ収入も多く、借金には無縁なようですが、実際はそうではありません。実際に、近年では会社役員の方が債務整理をすることで借金問題を解決するケースが非常に多くなっています。たとえば、「経営する会社のための借入」であってり、「他人の連帯保証人」となったことで、多額の借金を背負ってしまうこともあります。また、比較的収入は多いので生活レベルから借金の金額も大きくなりがちな傾向があ...

借りたお金は返さなければなりません。しかし、250万円を超えるような多額の借金を背負ってしまったら、普通の方法では返済が難しいです。ですが、250万円を超えるような借金であっても「債務整理」を行うことで借金問題は解決することができます。この記事では、250万円の借金を背負ってしまった人の今後のために、以下の内容を解説しています。借金250万円の支払い利息借金250万円と任意整理借金250万円と個人...

人は、さまざまなことにお金を使います。大人であればそのためのお金は仕事によって稼ぎますが、稼ぐ以上のお金を使う場合は「貯金」や「借金」が必要になります。OLは、カードショッピングで多額の借金を抱えてしまうというケースが少なくありません。この記事ではカードショッピングなどでOLが多額の借金を抱えてしまい、債務整理する時に注意すべきポイントについてまとめました。債務整理前に収支を見直す買い物依存症を解...

返済しきれない借金を抱えてしまったら、普通に返済することは難しくなります。仮に返済できるとしても、支出を圧迫して家計は火の車になります。返済期間が長くなれば収入がアップすることも、逆に減少することもあり得ます。収入が減少すれば、300万円もの借金を返済することはさらに難しくなります。この記事では、300万円の借金を返済することに困っている人にとって有益な情報を掲載しています。借金300万円で支払う...

急な出費や生活費の補てんでキャッシングやカードローンを利用する人も増えてきました。様々な金融機関からキャッシングサービスが提供され、借金をすることへの抵抗感が薄れてきたように感じますね。そのため、気が付くと50万円ほどの借金を抱えていた、という人も少なくはないようです。50万円借り入れがある場合、完済するまでにどのくらい利息金を支払うことになるのでしょうか?最近では返済額が一定かつ少額のリボ方式の...

返済計画をきちんと立てずに借金をしてしまうと、返済に困る結果になるのも珍しくありません。「120万円くらいなら」とタカをくくっていたら、いつの間にか返済が困難になってしまう可能性があります。普通に返済することが難しくなったら、「債務整理」を検討しなければなりません。今回の記事では、借金120万円の債務整理について以下の内容をまとめています。借金120万円の完済までにかかる利息任意整理する場合の返済...

『借金が100万円を超え、気がついたら150万円にもなっていた。』最初は少額を借りたつもりが、いつのまにか借金150万円を超えてしまう人は少なくはありません。実際に、借金が150万円にもなると、返済をするのは簡単なことではありません。高額の借金をしている人のほとんどは3社以上の貸金業者から借り入れをしてしまう、いわゆる多重債務者です。1社50万円の融資限度額で3社契約をすれば、借金の総額は150万...

高額な借金は、その返済において相当な苦労を伴います。しかし、近年では様々な事情から400万円を超えるような大きな借金を作ってしまった方が増えています。400万円という金額となれば、1000万円を超えるような年収がある方でも普通に返済するのは非常に厳しい状態だと言えるでしょう。ですが、債務整理をすることで合法的に借金問題を解決することは可能です。400万円の借金を債務整理で解決するための知識について...

多額の借金を背負ってしまったら、普通に完済することは諦めなければならないことも多いです。デメリットもありますが、債務整理によって返済の負担を軽減する必要があります。この記事では、500万円の借金を抱える人が債務整理に臨むにあたり知っておくべきことを解説しています。借金500万円の返済が難しい理由任意整理で500万円は返済できるのか?個人再生は500万円の返済をどれだけ楽にできるのか?自己破産を考え...

「借金700万円」をまともに返済しようと考えると、相応の収入が必要になります。現実問題として年収が1000万円、2000万円とある方でも自力で返済していくのは厳しいでしょう。普通に返済するよりも「債務整理」を選択するほうが現実的なのは間違いありません。しかしながら、一言に債務整理と言っても複数の方法があり、収支と借金の状況に合わせて適切な方法を選択しなければなりません。そこで、今回の記事では借金7...

「借金を10年返済せずに放置したら返さなくて良い」という話を耳にしたことはありませんか?借金は、長期間返済せずに放置することで返済義務がなくなる場合があります。これを「借金が消滅時効にかかる」といいます。映画やマンガで夜逃げのシーンを目にすることがあります。夜逃げは、消滅時効によって借金を踏み倒そうとするものです。しかし、「消滅時効で借金を踏み倒す」ことは決して簡単なことではなく現実的に厳しいです...

最近では借金に悩む70代の方が増えてきました。テレビでも「老後破産」の話題が取り上げられるほどです。70代では、収入が減る一方で、病気やケガで急な出費を迫られることも少なくありません。また、以前から収入の生活が続いたために、「若い頃からの借金を返し切れていない」方もいます。「年金しか収入がないから債務整理できない」、「自己破産すると年金を失うかもしれないから」とあきらめてしまう方も多いようです。し...

「住宅ローンの返済のために、マスターカードでキャッシングをしてしまった」「楽天カードへの返済のために、アイフルから借金してしまった」借金で苦しんでいる方には、「2社以上から借金している」ケースが多いです。多重債務や自転車操業の場合では、借金の額が多く、債務整理が難しいことが多い可能性も否定できません。例えば、任意整理で「アコムとは和解できた」が「三井住友VISAカードとは和解できなかった」という結...

いまでは、契約社員でもアコムやアイフルといった消費者金融から借金できるようになりました。契約社員の身分保障(一方的な雇い止めの禁止)に関する法整備も徐々に進んでいますが、「突然の雇止め」で、借金の返済が困難になったという方は未だに少なくないようです。また、「契約がいつ打ち切られるかわからない」、「債務整理すると会社にバレて契約を打ち切られる」と債務整理を躊躇している方もいるのではないでしょうか。た...

現在では、派遣社員や契約社員といった働き方が一般的に認知されたので、借金しやすくなりました。派遣社員や契約社員は、「非正規雇用」であるため、しばしば会社の都合に振り回されます。そのため、「返済の予定が狂った」という経験をされた方も少なくありません。また、正規雇用に比べて収入が少ない方が多いので、「生活費の補填」のために借金を繰り返してしまう方も非常に多いです。「債務整理が派遣先にバレたら雇い止めに...

「借金を抱えていること」ましてや「借金が返せないこと」は誰にも知られたくありません。教員は「聖職者」とよばれることもあり、特に世間体が気になります。父母や生徒の目もありますし、学校は狭い職場です。借金の問題は、「1人で抱え込む」ことが一番良くありません。しかし、教員の方は「体裁の悪いことを他人に相談しづらい」ものです。さらに、教員は「金融機関の審査受けが良い」ため、貸付限度額が高めに設定されます。...

美容師は人気のある職業です。「カリスマ美容師」という言葉がはやった時期もありましたが、自分の技術ひとつで大成功できる可能性があるのも大きな魅了でしょう。その他方で、アシスタント時代は給料が安いこともよく知られています。しかも、美容師は、衣服の購入費やスキルアップのために自己投資が欠かせないこともあり、お金のやりくりが大変という方が少なくないようです。実際に、美容師の方が借金問題に苦しむケースは非常...

保育士はその仕事内容や責任に比べて、比較的給料が低いと言われています。そのため、保育士さんが借金問題で悩むケースは非常に多いと言わざるを得えません。。借金問題は債務整理の手続きをすることで、合法的に解決することが可能です。しかし、保育士は国家資格ですし債務整理をすると仕事に影響が出てしまうのでは?このように、なかなか借金問題の解決に向けて動く事が出来ない人が多いです。結論からお伝えすると、債務整理...

レイクやプロミスといった消費者金融からの借金は、「返済を5年しなかったら借金がなくなる」ということを聞いたことはありませんか?法律には、「権利は一定期間行使しなければなくなる」という消滅時効のルールがあります。消滅時効は、「借金を取り立てる権利」にも適用されます。たとえば、「夜逃げ」は、消滅時効で「借金を帳消し」することを目的にしています。しかし、実際に「夜逃げ」を成功させることは簡単ではありませ...

パートは正規雇用ではありませんから、収入が不安定です。また、正社員のような身分保障があるわけでもありません。そのため、返済できない借金は自己破産しかないと思い込んでいる方は少なくないようです。しかし、パートであっても自己破産以外の方法で借金の問題を解決することができます。また、債務整理したことが配偶者に知られてしまうのは困ると考えている方もいるでしょう。債務整理は、パート先はもちろんのこと、家族に...

色んな理由で借金の返済が滞ってしまうことがあります。中には、長期間の延滞となるケースも決して珍しくありません。借金の延滞が長期化すると、多額の遅延損害金が発生し、信用情報でも不利益を受けます。他方で、「借金を放置すれば消滅時効で踏み倒せる」のではないかと考えている人もいるかもしれません。しかし、本文で説明するように、消滅時効で借金を解決することは簡単ではありません。また、「全く返さずに延滞」したケ...

バイクをローンで購入した際には、「返済に行き詰まる」ということもあります。「バイクを失いたくない」とバイクローン返済のために他から借金をしてしまうケースも珍しくありません。また、バイクローン返済のためにバイクの売却を考えている人もいるかもしれません。しかし、ローンが残っている場合にバイクを勝手に処分すればトラブルになることもあるので、注意が必要です。この記事では、バイクローンを債務整理する際の注意...

「借金の返済が苦しくなってきたけど、100万円を超えていないからまだ大丈夫・・・かな?」最初は5万円、10万円のお金を借りたつもりなのに気がついたら100万円近くになってしまった方は非常に多いです。日本人の平均年収は、400万円強といわれますので、100万円の借金は年収の1/4に相当します。少なくとも「ちょっとした借金」とはいえません。また、本文でもお話するように、借金が50万円を超える人は、複数...

夫婦揃って借金を抱えてしまったというケースは、珍しくありません。家計が同じなので、夫の借金の返済を妻が借金して支えるということもあるでしょう。また、近年では「夫婦ペアローン」で住宅を購入するケースも増えています。夫婦の借金は、片方の返済が行き詰まると、もう片方の返済も行き詰まるリスクが高まります。借金の悪化にともなって夫婦関係が悪化することもあるでしょう。夫婦2人共に借金があるケースでは、慎重な対...

『300万円を超えるような多額の借金を抱えてしまい、返済する目途が全く立たない。』『もう自己破産する以外の選択肢はない。けどその後の生活が不安過ぎて一歩が踏み出せない。』このように300万円を超えるような多額の借金に、悩まされる方は年々増えています。借金が多額に膨らんでしまうと、精神的にも大きな負担となります。実際に借金や厳しい取り立てが原因で精神を病んでしまう方も少なくはありません。この記事では...

「借金140万円」は完済不可能な借金ではありませんが、現実的に自力で返済していくのはかなり厳しい金額です。140万程まで借金が増えている方は、3社以上の金融機関から借金をしている可能性が高いでしょう。借金の問題は、借入先が増えるほど深刻化しやすい傾向があります。しかし、逆に言えば140万円くらいであればまだ、ギリギリ債務整理の手続きを取る事で借金問題は比較的簡単に解決することが可能です。この記事で...

年金が減らされている現代では、借金で悩んでいる高齢の方は少なくありません。80代の方の借金の原因は・・・住宅ローンがまだ残っている方、若い頃からの借金が完済できていない方、詐欺に騙されてしまった等、実にさまざまです。また、高齢であるために、「もう返すのは諦めた」という方もいるかもしれません。他方で、高齢の両親が抱える借金が気になるということもあるでしょう。この記事では、80代の方の借金問題を解決す...

借入先が5社以上に増えてしまったときには、かなり危険な状態です。すでに「返済が苦しい」と感じている方の場合には、早急に債務整理の相談を受けることをおすすめします。借入先が多くなれば、これ以上の資金繰りはかなり厳しくなります。万が一「返済のための借金」をするようになれば、借金は一気に深刻化します。また、5社以上から借金のある「深刻な多重債務」の状態では、「問題のある対応」をしてしまったということも少...

警備員であれば、「警備員は自己破産すると仕事に制約がでる」ことは知っているかと思います。しかし、「自己破産すると二度と警備員になれない」というわけではありません。早期に対応することで、勤め先と解決策を検討することも可能な場合があります。また、債務整理は自己破産以外の方法もあります。自己破産しなければ、警備員として働くことに何の問題も生じません。今回は、警備員の方が仕事を辞めずに借金問題を解決する方...

不動産に関する仕事は、生活にかかせない「住まい」に直結する重要な仕事です。それ故に、不動産に関する業務を行うには、「資格」が必要となることが少なくありません。たとえば「宅地建物取引士」は、人気資格としてもよく知られています。ところで、不動産は、「特に重要な財産」なので、債務整理すると資格に大きな不利益が生じるのではないかと心配する方も多いでしょう。たしかに、本文でもお話するように、不動産に関わる資...

大学入学を機にクレジットカードを持つという人は少なくありません。手元にお金が無くても手軽に高額な商品を購入できることで、つい調子に乗って使いすぎてしまうこともあるでしょう。実際に、最近ではクレジットカードを原因に借金問題に悩む10代の方が増えています。ですがクレジットカードも借金と同じ、借りたお金は返さなければなりません。しかし、早期の段階であれば債務整理することで合法的に、借金問題は比較的簡単に...

『多くの消費者金融からお金を借りていて、どうしたら良いか分からない。』『借金返済の為に他からお金を借りて、その場を凌いでいる。』このように4社、5社からお金を借りて返済に困っている方は非常に多いです。多額の借金の返済に追われている人は、どうにかして現状を打開したいと考えるでしょう。4社以上の借金であっても、債務整理をすることで合法的に借金問題を解決することは可能です。今回の記事では、4社以上から借...

地方公務員である消防職員(消防吏・事務職員・技術職員)は、地位が安定しているだけでなく、危険の伴う勤務であることから、他の公務員よりも給与・福利厚生が手厚い職業です。しかし、「安定している職」であることは、「借金しやすい職業」ということができます。消防職員であれば、借金の審査はほとんど落ちることがないでしょう。そのため、職務上のストレス等から、浪費やギャンブル等で借金が膨らんでしまったという方がい...

女性の方は、男性以上に「借金は怖い」と感じている人が多いと思います。たとえば、「借金」と聞くとテレビや漫画・映画等で目にする「暴力的な取立て」を思い浮かべてしまう人も少なくないでしょう。また、家計を預かる主婦として、生活苦と借金の板挟みになっている人も少なくありません。「収入が少なくて家計が苦しいけど、夫に相談できない」という悩みは珍しくことではないのです。さらには、結婚を控えて「債務整理したら婚...

今回は、タクシー運転手が債務整理する際に知っておいてもらいたいポイントについてお話します。タクシー運転手の給料は歩合部分が非常に大きいことが通常です。そのため収入が不安定であることが「債務整理の支障になる」と心配な方もいるかもしれません。また、個人タクシーの方なら、「タクシーを失うのは困る」と債務整理に躊躇している方も少なくないでしょう。しかし、収入が不安定でも自己破産せずに債務整理することも、タ...

トリマーは、犬や猫の美容師です。シャンプーやカット、ブラッシングだけでなく、動物病院勤務の場合には、動物衛生看護師の資格を得て、獣医師のサポートまで担当している方もいます。ペット専用サロンを独立開業している人もいますが、多くは、ペットショップや動物病院に勤務しています。また、ペット好きの女性に人気があり、トリマーの約90%は女性といわれます。トリマーは、動物好きな方にとっては「夢のある職業」です。...

この記事では、3社以上から借金している人の債務整理の方法と注意点について説明します。3社以上から借金している人は、深刻な借金となっている可能性が高いと言わざるを得ません。すでに、返済に行き詰まっている方も少なくないでしょう。また、借金が多額なので、「自己破産しかない」と諦めている人もいるかもしれません。しかし、3社以上から借金がある場合でも、自己破産せずに借金の問題を解決する方法があります。状況が...

言うまでもなく借金1,000万円は、かなり多額な借金です。返済に行き詰まった方や、返済が苦しいと感じている方はすぐに債務整理に着手した方がよいでしょう。年収が1000万円、2000万円とある方でもこの規模になるとまず自力で返済するのはほぼ不可能です。しかし、「自己破産だけはイヤだ」という方もいるかもしれません。また、債務整理したら自宅を失うと不安に感じている人もいるかもしれません。結論、1,000...

芸能人やモデルといっても、メディアで目にしない日はないという人もいれば、全く知られていない芸人や俳優に至るまで、実に様々です。芸能人の多額な借金がワイドショーや週刊誌で話題となることがあります。古くは、歌手の千昌夫さんが3,000億円近い負債を抱えたケースや、歌手の矢沢永吉さんやさだまさしさんが30億円以上の負債を抱えたケースが有名です。また、最近では、お笑い芸人のカンニング竹山さんや、タレントで...

借金の返済がうまく進んでいない人には、「借金の残額がわからない」という人も少なくありません。借入件数が多い場合や、自転車操業を繰り返しているケースでは、借金と返済に追われ、訳がわからなくなってしまうこともよくあるからです。借金の残額がわからなくても債務整理することは可能です。借金の残額を調べる方法はたくさんありますし、弁護士・司法書士に調査を依頼することもできます。しかし、「借金の残額がわからない...

スポーツ選手といえば高収入のイメージがあります。プロ野球選手の平均年俸は3,800万円ほどといわれます。また、大相撲の横綱は月給だけで約280万円です。これには、場所ごとの手当(力士報奨金や懸賞金)は含まれていません。所属チームからの年俸に加え、メディア出演やCM契約等があれば、収入はさらに増加します。世界に目を向けてみれば、サッカー選手やF1レーサーには、年俸何十億という選手もいます。しかし、こ...

団体職員とは、独立行政法人・国立大学法人といった、過去は公務員として扱われていた方や、医療法人・学校法人といった「非営利組織」で働く人たちのことです。安定している職が多いため、人気の高い職業でもあります。この記事では、団体職員が債務整理する際の4つのポイントについてお話します。団体職員の勤務先は、「お堅い職場」であることが少なくありません。借金や債務整理が勤務先に知られると、他の職場以上に「居づら...

奨学金は、大学や大学院進学には欠かせない仕組みとなりつつあります。大学生の2人に1人は奨学金の受給を受けているという調査もあるほどです。たしかに、私立大学の学費は安くないことも少なくありません。また、親元を離れて進学する際には生活費もかかります。大学院では研究に専念するためにできるだけアルバイトはしたくないということもあるでしょう。そのような場合に、奨学金は非常にありがたい制度です。しかし、大学や...

この記事では、「将来独立を考えている人」が債務整理する際の3つのポイントについて説明します。独立前の下積み時代は、収入が少なく生活が不安定ということも珍しくありません。そのため、一度借金の返済に行き詰まると、建て直すことが難しいことも多いでしょう。しかし、「債務整理して楽になりたいけど、将来独立するときに悪影響があるのでは」と、債務整理を思いとどまってしまう方もたくさんいるようです。たしかに、債務...

最近では、奨学金で高校や大学に進学する人が増えています。奨学金は、就職後かなりの長期間(10〜20年程度)をかけて返済することになります。長期の返済にはさまざまなリスクがついてまわります。学校を卒業したものの、非正規の職にしか就けなかったり、勤め先での給与が思ったほど上がらなかったりして、「奨学金が返せなくなった」という人は決して少なくありません。消費者金融や銀行のカードローンであれば、債務整理で...

ファイナンシャル・プランナー(FP)は、クライアントのライフプランやニーズに合わせて貯蓄や投資、保険、税務、不動産、相続等についてアドバイスを行う、資産相談の専門家です。「家計コンサルタント」のような肩書きで、雑誌やネット上で、「お金に関するアドバイス」をしている人の多くもFPの資格を持っています。一般の方からするとファイナンシャルプランナーといえば、お金の専門家なので借金とは無縁に感じます。しか...

最近では、「ホス狂いで借金まみれ」になってしまう若い女性が急増しています。昔に比べ、テレビやSNSでホストが身近なものになったことに大きな原因があるともいえます。勿論、本人にだって原因はありますが社会全体に問題があり、決してはまってしまった人に完全に責任があるとは言い切れません。担当ホストに「指名エース」を頼まれたりすれば、月に何十万、さらには百万円を超えるお金をつぎ込む人も少なくないでしょう。。...

この記事では、JA職員が債務整理する際に知っておいたもらいたい7つのポイントについて説明します。JA職員といえば、「安定した職業」で「借金とは無縁」というイメージをもっている人が多そうです。一般の方にはあまり知られていませんが、JA職員でも自由になるお金に困っている方は少なくありません。JAの業務は、本業である「営農指導」だけでなく、購買事業、銀行業務、共済(保険)、など様々な事業を展開しています...

この記事では、「こんな多額なカード代払いきれるはずがない」と途方にくれてしまっている人のために、洋服代で作った借金を債務整理する際の7つのポイントについて説明します。おしゃれが好きな人にとっては、洋服は何着あっても足りないものでしょう。洋服代が毎月数万円以上ということだって、珍しくないようです。また、日頃のストレスをお気に入りの洋服で買うことで発散しているうちに「買い物依存」となってしまうこともあ...

親しい人の借金はとても心配になります。特に将来を意識している人に多額の借金があると、とても気になります。「何とかしてあげたいけど、どうして良いかわからない」とヤキモキしてしまっている人もいるのではないでしょうか?最近では若い人でもお金が借りやすかったり、リボ払いが一般的になったことにより若年層の借金問題が増えています。今回は、付き合っている恋人に多額の借金があるときに、どのような対応を取れば良いの...

強制ロスカットの仕組みがあるFX取引は、株取引に比べて破綻しづらい構造を備えているといえます。他方でFX取引の魅力は高いレバレッジ取引によって短期間で高収益をあげられる可能性があることです。強制ロスカットがあるといっても、借金で保証金を積み増しながら取引を続ければ多額の負債を抱えてしまうこともあります。予期しない相場変動で一瞬にして多額の負債を抱えてしまうこともあります。世界的な相場変動の際には、...

世間的には意外に思われる方が多いですが、郵便局員の方が借金問題に悩む方は少なくありません。確かに、一般の方が郵便局員に対して持っているイメージは、安定していて給料もそこそこ高い。といったイメージです。たしかに、郵便局が倒産してしまう可能性はほとんどないでしょう。さらに、分割民営化前は公社(公務員)だったので、一般企業と比べて福利厚生も悪くはありません。しかし、現実的には郵便局員は必ずしも高収入の仕...

今回は、「家族の借金問題に気づいたときにどのように対応すべきか」ということについて解説します。テレビや映画などでは、借金の返済を家族に求めるシーンが描かれることがあります。家族の借金に返済義務が生じるのはごく限られた場合だけのことです。アコムやプロミスといった消費者金融や、銀行のカードローンは「無担保・保証人なし」の融資です。したがって、家族が返済する義務を負うことはありません。また、消費者金融や...

『リボ払いで買い物をしていたら、気がついたら返済が厳しい金額になってしまった・・・。』『奨学金のせいで生活が厳しく、友達との買い物や食事で作った借金がすごいことになっている・・・。』このように近年、20代の若い女性の借金問題が社会的な問題になっています。女性にとって、おしゃれやお化粧、友達との付き合いは最大の楽しみのひとつと言っても過言ではないでしょう。特に20代の女性には、「欲しい洋服やアクセサ...

今回は、70万円の借金の返済に行き詰まったときの解決方法と、債務整理を検討するタイミングについて解説します。「70万円の借金で債務整理だなんて大げさだ」と思っている人は少なくないかもしれません。しかし、総合的に考えて自力での返済が難しい場合1日でも早く対応を進めていくべきです。逆に言えば、70万円程度の借金ですんでいる時点であれば比較的簡単に借金問題は解決できます。怖いのは、借金が雪だるま式に増え...

最近では、全く面識のない他人からお金を借りる方法があるようです。ウェブ上にある掲示板サイトに、次のような書き込みをすることでお金の貸し借りをすることがあるようです。「個人間融資」と呼ばれることもあります。実際に掲示板サイトのいくつかを覗いてみましたが、「貸してください」という投稿だけでなく「お金貸します!」という投稿もあるので驚きます。この記事を読んでいる人の中には「個人間融資」で何とかお金を工面...

今回は、「競艇・ボートレースで作った借金を債務整理で解決できるか?」ということについてお話します。ギャンブルといえば、「パチンコで借金」、「競馬で借金」という話をよく耳にしますが、競艇も人気のギャンブルです。漫画家の蛭子能収さんや、フリーアナウンサーの徳光和夫さんが大の競艇好きとしてよく知られています。ところで、競艇は比較的当てやすいギャンブルとしても知られています。たとえば、競馬であれば最大で1...

今回は、30代男性の借金の原因や債務整理に着手すべきタイミングについて解説します。30代女性の借金の理由は、既婚者と単身者で大きな違いがあるようです。既婚者の場合には、住宅ローンのペアローンや子どものための出費を原因とする借金が多く見受けられます。他方で、単身者の場合には、衣服やアクセサリー、化粧品の購入やエステ費用といった「自分のための出費」を原因とする借金が多いようです。30代になると、20代...

今回は、30代男性の借金の原因や債務整理に着手すべきタイミングについて解説します。30代になると、職場でも部下ができ、結婚する方が増えることで20代の頃に比べて生活が大きく変わる人も多いと思います。借金の理由も、既婚者と単身者では傾向に違いがあるようです。既婚者の場合には、マイホームの購入や子どもの将来のことが債務整理のネックとなってしまう場合もあるかと思います。また、単身者30代男性には貯金がな...

生協は「消費生活協同組合法(生協法)」に基づいて設立される組織です。生協職員の身分は、「団体職員」ということになります。生協という職場は「安定して」、「福利厚生もよさそう」というイメージをもたれがちですが、実際には苦労も少なくないようです。収入面でも高収入というわけではなく、ノルマなどが厳しいこともあるようです。特に若い生協職員は、「自由になるお金が足りない」と感じている人も多いかもしれません。ま...

今回は、トラック運転手が債務整理する際に知っておいてもらいたいポイントについてお話します。トラック運転手といっても、自営業の配送業者もいれば、お勤めのトラック運転手もいます。また、近距離の「ルート配送」や、軽貨物配送の方もいれば、長距離トラックの運転手もいます。自営の方であれば、「債務整理すると使用しているトラックはどうなるのか?」ということがやはり心配です。トラックを失えば、収入がなくなってしま...

秘書の仕事というと華やかなイメージがありますが、実際には生活が大変ということがあります。秘書やグループセクレタリーとして働く人には、派遣社員や契約社員という方が少なくないからです。「正社員ではないから債務整理できない」「債務整理や借金がばれると派遣切りに遭う」ということが心配という人もいるのではないでしょうか?今回は、秘書の方が債務整理する際に知っておきたい7つのポイントについて解説します。借金の...

JRは国鉄が分割民営化したことでできた会社で、北海道・東日本・東海・西日本・四国・九州・貨物の7社があります。JR職員というと、「駅員」のイメージが強いです。しかし、現在のJRグループ各社は、いわゆる「駅業務」だけでなく、幅広く事業を展開しています。JRグループで展開される事業は、鉄道事業に関連した旅行業務、メトロポリタン(東日本)・アソシア(東海)・グランヴィア(西日本)のホテル事業だけではあり...

「60万円の借金」なら債務整理してなくても大丈夫と思っている人は多いかもしれません。「ボーナスでまとめて返す」とか「臨時収入でまとめて返すから大丈夫」ということも考えがちです。しかし、実際にはなかなか思うようにいかないことの方が多いでしょう。借金60万円が減らないまま1年が経過すれば、約10万円の利息が発生します。借金の返済は「元利均等方式」という「返済分と利息をまとめて支払う方式」で行っているた...

衣服やアクセサリー、趣味のものなどの買い物は非常に楽しいものです。お店で気に入ったものを見つけることができたときは、日頃の嫌なこともすっかり忘れてしまいます。しかし、買い物の楽しさに取り憑かれてしまうと、今度は買い物が止められなくなってしまいますよね。「欲しいものがあると買わずにはいられない」と手持ちの現金がなくても、クレジットカードでつい購入できてしまう世の中にも問題あると言えるかもしれません。...

今回は、「兄弟姉妹に多額の借金があることがわかったとき」にどうしたらということについて解説します。兄姉が多額の借金を抱えていれば「何とか助けたい」と考える人が多いと思います。他方で、弟が多額の借金を踏み倒したら「私のところに取立員がやってくるのではないか」と心配する人もいるかもしれません。たしかに、テレビやマンガなどでは、怖い風貌の取立員が「借金の返済を親兄姉に返済を求める」シーンが描かれているこ...

今回は20代の男性の「借金をする理由」と「債務整理のポイント」について解説します。ウェブ上での買い物が増えたことから、20代の人でもクレジットカードを持つことが当たり前の時代になりました。20代では、やりたいことや欲しいものがたくさんあることが普通でしょう。趣味や車・洋服にと様々なものを買いすぎて支払いが行き詰まってしまうとケースも少なくないようです。他方で、就職して間もない20代では収入が十分で...

女性の借金を取り扱ったドラマや映画・小説などでは、悪徳金融業者からの借金の返済ができなくなった女性が「ソープランドに沈められる」シーンが描かれることがあります。実際にも、借金返済のためにソープランドなどの風俗で働く女性は少なくありません。ホストクラブのツケや、洋服や服飾品の購入、インスタ映えのための費用など、最近では女性が多額な借金を抱えてしまう要素も増えています。たしかに、風俗で働けば「多額の副...

借金を返済するために「期間工」として働く人も少なくないようです。期間工として働けば、「寮生活」で生活費を節約でき、「満了慰労金や報奨金」といった手当が充実しているため、同世代の平均額よりも多い収入を得ることも可能だからです。また、期間工は、「学歴」や「性別」で給料が増減することもありません。寮が完備されているので、「地方でよい仕事がない」人にとっても申し込むことが可能です。そこで、今回は、「期間工...

今回は、「借金180万円の返済方法」と、「いますぐに債務整理をすべき理由」について解説します。借金180万円はかなり多額の借金です。すでに「返済が苦しい」と感じているだけでなく、行き詰まり始めている人も多いのではないでしょうか。借金180万円は、毎月の利息負担だけでもかなり大きなものです。したがって、毎月の返済額の多くが利息で消えてしまいます。延滞すれば、利息よりも高額な遅延損害金が発生するため、...

今回は、「借金190万円の返済方法」と、「いますぐに債務整理をすべき理由」について解説します。借金190万は簡単に解決できる金額ではありません。すでに毎月の返済の負担が頓挫しかけている人も少なくない金額だといえます。毎月の利息負担だけでも3万円近くになる可能性があるからです。返済が行き詰まりだした借金をそのまま放置しておくことは、とても危険です。延滞をすれば利息よりも高額な遅延損害金が発生し、自転...

今回は、ギターの購入費用が返せないときに対応方法と注意点について解説します。音楽がやっている人であれば、「かっこいいギター」にやはりあこがれをもちます。しかし、ヴィンテージのギターは、中古品でも値段が高額なものが少なくありません。下積み中の若いバンドマンには、かなり背伸びをして高価なギターを購入している人もいるようです。収入状況に不釣り合いな買い物をすると、支払いが行き詰まる可能性も高くなります。...

「旅行業務取扱管理者」とは、旅行業法に定められている資格。旅行業者(旅行業者代理業者)の営業所において、顧客に旅行商品を販売する責任者となるために必要です。2005年に旅行業法が改正される前は、「旅行業取扱主任者」と呼ばれていました。旅行業者は、顧客から多額のお金を受領することも少なくない職業です。ま顧客のイメージ(信用)も重要視される職場といえるでしょう。そのため、借金を抱えていることや、債務整...

120万円の借金は、多額の借金といえます。毎月の利息だけでも15,000円以上の負担があり、毎月の返済額も3〜4万円ほどになっていることが多いからです。毎週1万円ずつ借金を返さなければいけないというのは、けっこうな負担です。他方で、実際に借金で困っている人には「120万円だからまだ何とかなる」、「臨時収入があれば一気に返済できる」と考えている人も少なくないようです。また、マジメな人ほど、「借金を何...

ここ数年ロードバイクで街中を疾走する人が増えてきました。趣味や競技としてだけではなく、ロードバイクで通勤・通学している人も増えているようです。ロードバイクは、高級なものは100万円を超えるものもあります。そのため、現金で一括購入するというよりも、クレジットカード・各種ローンを利用して分割で購入する人が多いと思います。また、装備品やオプションパーツなどに凝ってしまうと、車両を購入した後も出費が続きま...

今回は、「借金250万円の返済方法」について解説します。250万円といえば、若い人にとっては年収に相当する金額の借金です。消費者金融や銀行カードローンから借金がある場合には、毎月の利息負担だけでもかなりの金額になります。すでに返済が厳しいと感じている人、延滞したことがあるという人は、できるだけ早い時期に弁護士・司法書士に債務整理の相談をした方がよいでしょう。いまはきちんと返せているという人であって...

日本国民には「納税の義務」があります。また、国に納めるものとしては、税金以外にも、国民健康保険や国民年金保険の支払いがあります。サラリーマンなどは、税金や年金は給料から天引きされているので、意識があまりない人も多いかもしれません。しかし、実際に負担している金額は小さくなく、よく知られているように、国民年金の未納は、社会的にも大きな問題となっています。税金や保険料といったいわゆる公租公課(こうそこう...

借金の延滞が続くと、貸し主である金融機関が債権を他社に譲渡することがあります。しかし、まったく身に覚えのない会社から突然お金の支払いを要求されれば誰でも驚きます。債権譲渡通知は、内容証明郵便で送られてくることも多く、なんとなく仰々しさがあって不安にもなります。送られてくる文面にも、「法的措置を講じる」と書いてあれば、このまま無視したら給料が差し押さえられるかもと考えてしまいます。また、いわゆる架空...

今回は、借金を延滞して訴訟を起こされたときの手続きの流れと正しい対応方法について解説します。借金を返済せずに長期間放置すると債権者から訴訟を起こされる場合があります。自分宛に訴訟が起こされたことは、裁判所から訴状が送達されることで初めて知る場合が多いでしょう。借金を延滞して訴訟を起こされた人には、そのまま無視してしまう人が少なくありません。「裁判を起こされてもお金がないからどうせ返済できない」「返...

今回は、アコムやプロミス、アイフルといった消費者金融の借金で悩んだときの相談方法について解説します。消費者金融からの借金には高額な利息が付きます。そのため、返済が行き詰まりだすと、対処が遅くなるほど状況はどんどん悪化していきます。消費者金融の借金を返すためにさらに借金を繰り返すことになれば、借金は雪だるま式に増えていきます。借金の問題は「深刻化する前に」できるだけはやく弁護士や司法書士に相談するこ...

最近ではさまざまなメディアで「借金を一本化!」というキャッチフレーズを目にすることがあります。ウェブを検索すれば、多くの金融機関のおまとめローンが紹介されています。また、借金問題の解決方法として「おまとめローン」の利用を推奨するウェブサイトもたくさんあります。「債務整理」というと、誰しもがネガティブなイメージを持ってしまいます。借金問題を抱えている人のほとんどが「できることなら債務整理したくない」...

今回は、ピアノの購入費用が返せないときに対応方法と注意点について解説します。音楽が好きな人であれば、ピアノのある家にあこがれている人も多いと思います。マイホームの購入や、広いマンションへの引っ越し、子どもの成長といった出来事をきっかけにピアノを購入しようと考えても、購入費用で頭を悩ますことがあります。音楽に関心がある人であれば、10万円程度の電子ピアノでは、音質に満足できないでしょう。しかし、ピア...

医師というと借金や債務整理とは縁遠いイメージが強いかもしれません。しかし、開業には多額の費用がかかるため、当初見込みよりも患者が少なくて医院の経営に行き詰まることもあるでしょう。また、株取引での失敗などの本業とは異なる理由で多額の借金を抱えてしまうことだってあります。私自身も、以前済んでいた部屋の近くに新しくできた医院が、開業まもなくして売りに出されていたのを見た記憶があります。地元のタクシーの運...

今回は、「借金320万円の返済方法」と、「いますぐに債務整理をすべき理由」について解説します。320万円の借金は、人によっては年収を超えている可能性もある多額の借金です。すでに返済に行き詰まっているときには、早急に債務整理する必要があります。返済できない借金を放置しても利息や地縁損害金が膨らむだけです。320万円の借金返済を1年放置すれば、遅延損害金だけで60万円以上になります。現在は何とか返せて...

最近では「離婚」することは全く珍しくなくなりました。政府調べ(厚生労働省「人口動態統計」)によれば、毎年20万組以上の夫婦が離婚しています。参考⇒人口動態調査|厚生労働省離婚の際には「慰謝料」、「養育費」といった名目の金銭の支払いが条件となることも少なくありません。一般の方には、「慰謝料」と「養育費」をあまり区別せずに考えている人も多いかもしれませんが、法律的には「慰謝料」と「養育費」は全く違う性...

この記事では、刑務官の方が債務整理する際に知っておいてもらいたい8つのポイントについてお話していきます。刑務官は、法務省強制局の国家公務員で、「公安職」に分類される職です。公安職は行政職よりも基本給が高く設定されています。そのため、一般の方よりも借金のしやすい職業といえます。刑務官は福利厚生の手厚い職業なので、生活のために借金することはあまりないと思われます。他方で、ストレスの大きい仕事なので、浪...

最近では、ソーシャルゲームやMMORPG(大規模多人数同時参加型オンラインRPG)への課金が原因で多額の借金を抱えてしまう人が増えているようです。廃課金が原因による破産のことを「課金破産」などと呼ぶこともあるようです。ソーシャルゲームやMMOは、基本的には無料で遊べるコンテンツです。しかし、レアなアイテムなどは、いわゆる「課金ガチャ」で入手する必要があります。ガチャは「抽選」なので、欲しいアイテム...

今回は、建築士が債務整理する際に注意すべき8つのポイントについて解説します。国家資格を保有している場合には、債務整理と資格制限との関係が気になります。資格に制限が生じると生活基盤を失う可能性があるからです。弁護士や司法書士、宅地建物取引士などの資格と異なり、建築士資格には、自己破産による資格制限はありません。しかし、自分で建築事務所を開設している方が自己破産すると建築事務所の登録取消となる可能性が...

一般の方がする借金は、債権者1社あたり50万円までのことが多いと思います。限度額が50万円を超える契約をするときには、収入証明書の提出が必要な場合も多く、申込者にとって手続きが面倒となるからです。債権者は、焦げ付いた借金を「財産の差押え」によって回収する権利があります。ただし、財産を差し押さえるためには、裁判所の手続きを利用するなどの方法で、「債務名義」と呼ばれる書面を手に入れなければなりません。...

かわいくて仕方がない孫に困りごとがあれば、祖父母としては何とか力になってあげたいと考えてしまうものです。「孫が借金で困っている」ということを知れば、貯金を取り崩したり、自分で借金してでも何とか助けてあげたいと思う方も多いと思います。しかし、祖父母が孫の借金を代わりに支払うことは、孫のためにならないことも少なくないので注意が必要です。また、祖父母が資金援助や肩代わりしなくても孫の借金問題は債務整理で...

すこしでもキレイになりたい、自分の容姿を理想に近づけたいと考えている人は多いと思います。最近では、プチ整形のように、比較的簡易な施術で、理想の容姿に近づくこともできるようになりました。しかし、整形にかかる費用は必ずしも安いとはいえません。整形費用をコツコツと貯めるのが一番安全ですが、実際には簡単ではありません。収入の少ない若い人であれば、費用を貯めるにも長い期間がかかることも少なくないからです。ま...

NPOという言葉は、「Nonprofit Organization」または「Not-for-Profit Organization」の略語で、非営利事業行う団体(市民団体)のことをいいます。日本では、特定非営利活動促進法が施行された関係で、この法律により法人となった団体をNPO法人とよぶことが多いです。NPO法人は、平成23年の法改正でNPO法人が設立しやすくなったことを受けて、その数が劇的に増加...

債務整理には、「任意整理」、「特定調停」、「個人再生」、「自己破産」の4つの方法があります。それぞれの名前は聞いたことがあるけど、「内容や仕組みはよく知らない」という人もたくさんいると思います。ほとんどの人にとって債務整理は、「人生で1度経験するかしないか」という体験なので、「よくわからない」ということは仕方のないことです。しかし、債務整理は失敗するわけにはいかない非常に重要な出来事でもあります。...

学生であっても、友人・恋人との交際費や、サークルの合宿資金、ダブルスクールの学費など何かとお金が必要なものです。そんな時に、借金してお金を工面したいと考える場面はたくさんあります。また、パチンコ・麻雀といったギャンブルなどにはまって借金したくなることもあるかもしれません。実際にも、学生の人でも借金することは可能です。たとえば、クレジットカード会社の多くは、「学生向けのクレジットカード」を積極的に発...

闇金に対する規制は年々強化されていますが、闇金被害はなかなかなくなりません。むしろ、貸金業者に対する規制が厳しくなったことで、闇金が増えているという報告すらあるほどです。ネット社会の現代では、ウェブを通じて闇金にも簡単にアクセスすることができるようになりました。いわゆる「ソフト闇金」などはウェブページで顧客を勧誘しているほどです。また、「お金貸してください掲示板」も貸し手側のほとんどすべては闇金業...

借金に関する話題では「年収」が引き合いに出させることが少なくありません。「年収が少ないから借金できない」「年収が多いからまだ自己破産できない」といった情報は、間違ってはいませんが、正しくない場合もあります。年収は「年単位」の基準なので、「毎月の支払い」が重要な借金問題を計る基準としては、目が粗すぎる場合があるからです。今回は、年収(収入)と借金に関するいくつかの話題について解説します。「借金の返済...

今回は、ヤミ金の嫌がらせの手口とヤミ金被害に遭ったときの対処方法について解説します。ヤミ金撲滅のためにさまざまな規制が強化されていますが、ヤミ金被害はなかなかなくなりません。むしろ、「貸金業者への規制が厳しくなったことでヤミ金業者が増えている」という指摘もあるほどです。最近ではウェブを通じて簡単にヤミ金にアクセスできるようになりました。実際の利用者には、「ヤミ金」という認識がないままに、お金を借り...

ウェブやテレビ・夕刊紙の広告など、さまざまなところで「過払い金請求」についての弁護士・司法書士事務所の広告を見かけます。「もしかしたら私の過去の借金にも過払い金があるのではないか?」「過払い金があるのなら請求してみようか?」「弁護士や司法書士にお金をかけるのはもったいない」と思う人もいるかもしれません。そこで、今回は、過払い金の返還請求を自分でする方法について解説します。過払い金の返還請求は、弁護...

借金問題が繰り返し起きることは、実は珍しくありません。残念なことですが、実際にも、2回・3回と債務整理を繰り返す人もたくさんいます。そのときの借金を債務整理で解決できたとしても、「借金してしまう根本的な原因」が解決できていないことが少なくないからです。そもそも、「借金をしてしまう原因」が、債務者「本人もよくわかっていない場合」や、「精神的な問題が原因であるために解決が簡単ではない」こともあります。...

クレジットカードの支払い方法に「リボ払い」というものがあります。クレジットカード会社からの案内にも「支払いが定額で便利」と宣伝されていることも少なくありません。たしかに、リボ払いにすると、毎月の支払額を「決まった額」に設定することができるので、「ちょっと使いすぎてしまった」場合でも、引き落とし口座の残高不足を心配する必要がありません。しかし、リボ払いには落とし穴もあります。リボ払いの怖さを知らない...

ジャニオタとは、ジャニーズ事務所所属の男性アイドルの追いかけのことです。オリキと呼ぶこともありますね。「オリキ」というのは「追っかけに力(リキ)を入れる」という意味です。たしかに、ジャニオタの力のいれぶりにはすごいものがあります。CDやDVDは全部揃えるのが当たり前、コンサートは、チケットが当たればどこへでも飛んでいく。コンサートに行くときにはグッズも当然買い込みます。わたしも、以前出張の際に、某...

40代の借金は、多額の借金になりやすいことが大きな特徴といえます。40代の借金問題は、家族の事情を原因とする場合が多く、不足する金額が多い場合や、長期間の借金を強いられることが多いからです。他方で、40代の借金問題は、解決するにも苦労する場合が少なくありません。マイホームや預貯金といった財産があるために、逆に債務整理に踏み切ることを躊躇してしまったり、家族に迷惑かけたくないと問題を抱え込んでしまう...

「借金130万円なら返済が苦しくても、いつかは解決できる」と考えている人は少なくないと思います。しかし、平均的な収入の方が130万円もの借金を自力で完済するのは非常に厳しいと言わざるを得えません。実際のケースでも、「返済が苦しい」と感じ始めたときの対応が遅れたことで、借金問題を深刻化させてしまうことは少なくありません。そして、借金130万円は事態を深刻化させてしまうギリギリの段階とも言えます。借金...

近年では、銀行に貯金をしてもほとんど利息がつきません。そのため、「口座に眠らせておくくらいなら」と自分で投資を行う人も増えています。将来の年金給付への不安も積極的に投資する理由のひとつになっている場合も多いようです。「投資」といえば、株やFxなどの金融商品を思い浮かべる人が多いかもしれません。しかし、不動産投資もとても人気です。一昔前の不動産投資といえば、「安く買って高く売る」というキャピタルゲイ...

もう借りられない!そう感じてしまった人は、かなり危険な状況に陥っている可能性が高いといえます。「もう借りられない」と考える人の多くは、すでに借金のために自転車操業に陥っていることがほとんどだからです。「自転車操業」とは、借金の返済金をさらに借金して工面することをいいます。自転車操業が続けば、借入件数だけでなく、借金の総額も増えていきます。自転車操業のほとんどのケースでは、「1万円を返すため」に、「...

借金160万円の毎月の返済額は、3〜5万円程度になると思います。返済が苦しいなぁと感じていても、「これくらいの金額で債務整理なんて」と考えてしまう人も多いかもしれません。たしかに、借金160万円というのは、すこし頑張れば、我慢すれば、自力で完済できそうな気のする金額です。しかし、実際に、収入を増やしたり、支出を削ったりして借金返済を続けることは簡単ではありません。特に、会社の都合や自身の病気で収入...

420万円という借金はかなり多額の借金です。いまの日本人の平均年収に匹敵する金額ですから、返済することそれ自体が簡単ではありません。毎月の支払いも、かなりの金額になっている場合も多いでしょう。借金の返済に行き詰まってしまうと、どうしてもネガティブな考えになってしまいます。借金420万円で悩んでいる人の中には、「夜逃げ」、「自殺」が頭によぎっている人もいるかもしれません。また、「もう自己破産するしか...

今回は、「借金220万円が返せなくなった場合」の解決方法と債務整理した場合の返済額について解説します。借金220万円は、簡単に返せる金額ではありません。たとえば、ボーナスの全額を返済に充てても、完済できない人がほとんどでしょう。また、すでに複数の金融機関から借金している(多重債務)場合も多く、毎月何回もやってくる返済日に頭を抱えている人も多いと思います。「返済日にお金が足りない」というときに、他社...

今回は、借金返済に困っているシングルファザーの人に知っておいてもらいたい7つのポイントについて解説します。仕事と子育ての両立に悩んでいるシングルファザーは少なくありません。「離婚するまでは子供のことは妻に任せていた」というようなときには、子供とどう接したら良いかわからないと戸惑うことも多いでしょう。また、子どもの世話と仕事を両立させることも簡単ではありません。シングルファザーとなったことをきっかけ...

いまではクレジットカードは、わたしたちの生活にはなくてはならない存在です。日本クレジット協会が公表している統計資料では、日本で発行されているクレジットカードは、2億7,000万枚を超えています。18歳以上の日本人は1億人をちょっと超えるくらいですので、平均すれば1人が2.7枚のクレジットカードを持っている計算になります。クレジットカードは、便利な決済手段ですが、使いすぎれば「後からやってくる請求額...

パチンコ・パチスロが大好きという人は、たくさんいると思います。最盛期に比べ減少したといっても、パチンコ人口は全国で900万人もいるといわれています。全国にあるパチンコ店の数も1万店を超えています(警察庁調べ)。全国どこにいってもパチンコ屋が全くない街というのは、あまりみかけません。パチンコはわが国最大の娯楽のひとつといってもよいでしょう。しかし、パチンコはギャンブルである以上、必ず損をするリスクが...

キャバクラにはまってしまうことは、借金問題を抱える原因の典型例のひとつといえます。お気に入りのキャバクラ嬢に会いたくて、週に何度も店に通えば、それだけでも多額の出費となってしまいます。また、お気に入りの子から、「ボトルを入れて欲しい」、「同伴して欲しい」と頼まれれば、やはり断りづらいものです。むしろ、女の子の気を引きたいと、こちらから積極的に高額なボトルを入れることだってあるかもしれません。持ち合...

今回は、「借金380万円が返せなくなった場合」の3つの解決方法について、具体例に基づいたシミュレーションとあわせて解説します。借金380万円は、年収に匹敵する借金となっている人も多いと思います。毎月の支払額も10万円以上になっている場合もあり、返済日が近づくたびに辛い気分になっている人もいるのではないでしょうか。また、すでに複数の借金を滞納して度重なる取立て電話に悩まされていたり、給料等の差し押え...

高齢や障害によって働くことができなくなったときの生活を保証する制度として、私たちの人生設計には欠かせない保険です。実際にも、老齢年金・障害年金を受給している人には、年金を主たる収入源として生活している人が多いと思います。受け取れる年金が減ってしまえば、生活が行き詰まってしまうケースも珍しくないでしょう。そのため、年金は差し押さえることが禁止されています。しかし、実際には、税金や社会保険、借金などの...

近年では、ヤミ金からの借金で悩んでいる人が増えているようです。グレーゾーン金利が違法となったり、総量規制が導入されたことで、消費者金融各社の経営が苦しくなるのとは対照的に、「ヤミ金業は増えている」と指摘する専門家も少なくないようです。また、最近では「ソフトヤミ金」を名乗る業者が増えていることが目立ちます。ソフトというのだから、「私がイメージしているヤミ金よりは優しいのだろう」とつい借りてしまう人も...

近年では、「給食費の滞納」が社会的な問題としてクローズアップされることが多くなりました。給食費の滞納するケースには、何かしらの意図があって支払うだけの資力があるのに故意で滞納するケースもあるようですが、多くは、経済的な困難を理由に「払いたくても払えない」ケースではないかと思います。滞納給食費の問題は、保護者側だけでなく、自治体にとっても大きな問題です。特に、支払い能力があるにもかかわらず、わざと給...

今回は、パチンコで作った借金100万円をどうやって解決すべきかについて解説していきます。パチンコは、ギャンブルの一種です。当然、勝つときもあれば、負けるときもあります。しかし、パチンコ好きの人の多くは、負けたときのことよりも「勝ったときのこと」を強く覚えているものです。『もう少しやれば大当たりする・・・。』『明日も行けば勝てるはず・・・。』ということを繰り返していくうちに、借金してまでパチンコして...

引き締まったきれいな身体に憧れている人は少なくないと思います。「人は外見じゃない」といっても、やっぱり少しでも、カッコイイ、美しいと思われたいものです。そんな人にとってライザップのテレビCMで見る、有名人のビフォーアフターをみると、わたしもすごいなぁとため息がでることがあります。ライザップの料金は、「結果にコミット」を売り文句にしているだけあって、一般的なスポーツジムや痩身エステに比べてかなり高額...

最近では、リボ払いで買い物をする人が増えているようです。カード会社から「リボ払いへの変更でポイント還元」と案内されたり、「毎月の利用額が一定」というキャッチコピーに誘われて、リボ払いをはじめたという人も多いかもしれません。たしかに、リボ払いで決済すれば、カード会社からの請求額が「一定額」になるので、「こんなに請求されても支払えない」という心配をしなくて済むメリットがあります。しかし、リボ払いは、必...

消費者金融から借金をすると、毎月かなりの金額の利息を支払う必要があります。最初は、「すぐに返せる」と軽い気持ちで借りた借金も、返済期間が長くなるほど、辛くなってきます。返済途中で、何かしらの理由で「収入が減ってしまう」、「支出が増えてしまう」といったことになれば、消費者金融への返済が行き詰まってしまうことも考えられます。「消費者金融からの借金を時効で解決したい」と考える場合には、すでに万策尽きて、...

看護師は、とても大変な仕事です。人の生命に関わるというだけでも大変ですが、職場内の人間関係や、患者さんからの無理難題への対応、夜勤などがあれば、体力的にも辛い仕事といえます。キツイ仕事の分、収入面は安定している人が多いと思いますが、日頃のストレス発散のために、買い物依存などに陥って散財してしまう人も少なくないようです。多額の借金を抱えてしまった看護師さんには、「病院に知られるとマズイ」、「債務整理...

国家資格を用いて仕事をしている人にとっては、資格や免許の取消しは死活問題です。薬剤師として働いている人が多額の借金を抱えてしまったときにも、「自己破産したら薬剤師の免許を失うのではないか」と不安に感じている人もいるかもしれません。たしかに、債務整理する状況では、さまざまなことに不安を感じて、弁護士・司法書士に相談することをためらってしまう人も少なくないようです。そこで、今回は、薬剤師が、多額の借金...

今回は、NTTや味の素といった上場企業社員が債務整理するときに知っておきたい重要ポイントについて解説していきます。上場企業社員といえば、収入も安定していて借金とは無縁と思いがちですが、勤務先や収入にかかわらず、借金問題は誰にでも降りかかりうる問題です。逆に、上場企業社員の借金問題は、中小企業社員の借金問題よりも深刻な場合がすくなくありません。借金の金額が大きいケースや、対応が後手になりすぎるケース...

ワーキングプアという言葉もよく耳にしますが、必死に働いても生活できるだけの収入を得られないという人も少なくないようです。また、勤務先の都合で、突如仕事を失い、本来なら返せるはずだった借金が返せなくなっただけでなく、住まいも失ってしまったという人もいるかもしれません。そのような人たちの中には、ネカフェ難民といわれるように、定まった住まいをかまえない生活をやむなく続けている人も少なくありません。また、...

病気やケガはいつ襲いかかってくるか予測することの出来ないトラブルです。突然重い病気にかかり、長期の入院生活を余儀なくされれば、仕事を失ってしまうこともあるかもしれません。収入がなくなったのに、このまま入院を続けて大丈夫だろうか、手術を受けても大丈夫だろうかと、心配になってしまう人もいるかと思います。そこで、この記事では、入院費が高額すぎて支払えなくなったときの対処法について解説していきます。入院費...

調理師の人には、借金で悩んでいる人は少なくないようです。修行中の料理人さんの場合には、収入が少ないことも珍しくありません。他方で、料理の勉強のためにおいしいものを食べ歩けばお金はかかりますし、よい道具を買うにもお金が必要です。また、先輩料理人との付き合いでお金が消えていくという人も多いみたいです。自分でお店をやっている人であっても、やはりお金の悩みは尽きないようです。よく知られているように、飲食店...

歯科衛生士は、人気のある仕事のひとつです。収入も安定しているイメージがありますが、実際には、勤務する歯科医院次第になります。最近では、経営の苦しい歯科医院も増えてきているので、必死に働いても収入が少ないというケースもないわけではないようです。とはいえ、借金問題は、収入が安定している人であっても無関係ではありません。生活苦を原因とする借金以外にも、ギャンブルや買い物依存といった、さまざまな事情で多額...

高齢者の割合の増えたいまの日本では、介護はとても重要な問題です。その意味で、介護の現場を支える介護士は、いまの社会になくてはならない存在といえるでしょう。しかしながら、介護士の労働環境は厳しく、収入もどちらかといえば高くない人が多いようです。そのため、生活苦を原因に借金生活に陥ってしまう人や、仕事のストレスを発散するために、買い物、趣味などに大金を投じてしまって借金してしまうケースは少なくないよう...

外交官というと、華やかな生活を送っていて、借金とは無縁というイメージがあるかもしれません。しかし、外交官といっても、キャリア・ノンキャリアの違いなどがあるように、必ずしもすべての人が裕福な生活を送っているわけではありません。たとえば、若手ノンキャリア外交官であれば、上場企業や政令市職員よりも手取り月収は少ないことの方が多いでしょう。また、給料が高い人であっても、相続や他人の連帯保証人になったことで...

今回は、実家がどれだけ裕福でも、家族の援助や相続財産で借金を返済しようと考えてはいけない理由について解説します。借金を取り扱った映画やマンガなどでは、「借金を返せない債務者の家族のもとに債務者が取立てに行くシーン」が描かれることが少なくありません。「家族の借金を面倒みるのは当たり前」とコワモテの取立て員やヤミ金業者が債務者の家族に返済を迫るシーンは、多くの人が思い浮かべることができると思います。実...