3社以上の借金と債務整理〜自己破産や任意整理前に知りたい5つの注意点

債務整理は3社以上を対象に手続き出来る?自己破産せずに債務整理する方法と5つ注意点

この記事では、3社以上から借金している人の債務整理の方法と注意点について説明します。

 

3社以上から借金している人は、深刻な借金となっている可能性が高いと言わざるを得ません。

 

すでに、返済に行き詰まっている方も少なくないでしょう。

 

また、借金が多額なので、「自己破産しかない」と諦めている人もいるかもしれません。

 

しかし、3社以上から借金がある場合でも、自己破産せずに借金の問題を解決する方法があります。

 

状況がこれ以上悪化する前に、債務整理に着手すれば、多くのケースで自己破産を回避できる可能性が高いです。

 

「今は返せている」という方でも、3社以上から借入があれば「破綻と隣り合わせ」の状況にある可能性があります。

 

少しでも返済が苦しいと感じたら、できるだけ早く弁護士・司法書士に相談することをおすすめします。

 

また、『他の金融機関からお金を借りて、返済に回すという行為を1年以上続けている。』

 

『現在の状況から、借金を完済するの現実的ではないと分かってはいるけど放置してしまっている。』

 

このような状態まで状況が悪化している方は、既にその借金を返済できる見込みはほぼありません。

 

手遅れになる前に、弁護士に相談を行ってください。

 

法律事務所は匿名で利用できる、無料シミュレーションサイトの利用が便利です。

 

それでは解説をしていきます。

3社以上の借金を債務整理する方法

3社以上の借金がある人には、「もう自己破産しかない」と思い込んでいる方も少なくないでしょう。

 

しかし、3社以上から借入があっても、自己破産せずに借金の問題を解決することは十分に可能です。

 

100万円程度の借金であれば、任意整理で解決できる場合が多い

借金が100万円前後であれば、任意整理で解決できる可能性が高いといえます。

 

一般的な任意整理では、「借金の残額について利息を免除してもらい5年で分割返済する」交渉をします。

 

つまり、借金の残高を60で割った金額を返済できるのなら、自己破産せずに任意整理で解決できます。

 

いまは「返済が苦しい」と感じても、任意整理すれば、完済可能な額まで返済額が減ります。

 

任意整理は、裁判所を用いない私的な交渉なので、他人に知られる心配はありません。

 

また、費用も個人再生や自己破産よりも安く済みます。

 

また、債権者との交渉も弁護士・司法書士に依頼すればすべて行ってくれるので、こちらで特にしなければならないこともありません。

 

任意整理は、デメリットがほとんどない債務整理です。

 

任意整理については下記ページで詳しく解説をしています。

 

参考⇒任意整理のメリットとデメリット?債務整理で1番多い手続きの注意点

 

個人再生なら財産を処分せずに債務整理できる

借金が100万円以上に膨らんで「任意整理では返済できない」ときでも、まだ自己破産しかないわけではありません。

 

個人再生が利用できれば、「よほど多額な借金」ではない限り、借金の問題を解決できます。

 

個人再生では、「法律の基準にしたがって計算された借金の一部」を原則3年で返済しなければなりません。

 

この返済が終わると、「残った借金の返済義務」が免除されます。

 

個人再生で返済しなければならない額は、債務額や財産状況によって異なります。

 

民事再生法が定める「最低弁済基準額」を返済する(財産がない、もしくは少ないとき)
「保有財産」の評価額が最低弁済基準額を超えるときには、「評価額の金額」を返済する

 

個人再生は、「将来の収入」で返済する手続きなので、自己破産のように財産の処分は必要ありません。

 

ただし、ローンが残っている自動車等は、個人再生とは切り離されて処理されることがあります(債権者による別除権の行使)。

 

また、個人再生では、住宅ローンの残った不動産がある場合でも、マイホームを手放さずに、カードローン等の借金を整理することができます。
住宅ローン特則付きの個人再生を申し立てれば、次のようなことが可能となります。

 

延滞で既に失った期限の利益を回復できる
返済期間を延長することができる
既に開始された競売手続きを停止することができる

 

ただし、個人再生の申立てが遅くなると、競売を停止できないので注意が必要です。

 

なお、個人再生の申立てには3ヶ月以上の準備期間が必要となることも珍しくありません。

 

住宅ローンの返済に困っている場合には、早めに弁護士に相談するようにしましょう。

 

個人再生については下記ページで詳しく解説をしています。

 

参考⇒個人再生は家を残せる大きなメリットがあるが2つのデメリットもある

 

3社以上の借金がある人に知っておいてもらいたいこと

冒頭でも書いたように、3社以上から借金している場合には、ちょっとした出来事で破綻する可能性があります。

 

また、既に返済が行き詰まりつつある場合も少なくないでしょう。

 

これ以上借金が深刻になる前に対応することが大切です。

 

債務整理せずに借金を放置すると深刻な状況に陥ることを自覚する

3社以上から借金があるケースでは、すでに100万円を超える借金となっていることが少なくありません。

 

毎月支払う返済額や利息の負担も小さくありません。

 

たとえば、アコムやプロミスといった消費者金融3社から50万円ずつ借金していれば、毎月の返済額は、4万円前後になります。

 

そのうち「2万円以上は利息の支払いで消える」のです。

 

つまり、毎月4万円返済していても、借金は2万円弱しか減っていないことになります。

 

また、借金は「借入件数」が多いほど、返済額でも利息でも不利になります。

 

たとえば、「3社から50万円ずつを年18%で借りた場合」に約定返済で支払う利息総額は、約75万円です。

 

これに対して、1社から150万円を年15%で借りれば、利息は50万円程で済むのです(毎月3社分と同額を返済した場合)。

 

さらに、延滞すれば、上記の金額も当然増えます。また毎月4万円の返済は、1度遅れ出すと取り戻すのはかなり大変です。

 

借金の放置の危険性については下記のページで詳しく解説をしています。

 

参考⇒借金の放置はダメ絶対!裁判になる前に弁護士に相談して債務整理を!

 

繰り上げ返済できないなら債務整理を検討しましょう

金融機関は、「利息」で収益を得るために融資します。

 

当然、契約内容も金融機関に有利なように設定されています。

 

金融機関からの借金の返済は、元利金均等返済方式(元利金方式)が利用されます。

 

簡単にいえば、毎月の決まった返済額に「返済分」と「利息分」が含まれる返済方式のことです。

 

クレジットカードの「リボ払い」も原理は同じです。

 

よく「定額払いだから安心」というような説明を目にすることがありますが、実はそうではありません。

 

「最低弁済額の定額払い」は、「利息を多く取れる」ので、金融機関にとって有利なのです。

 

当然のことですが、借金が減らなければ利息も減りません。

 

元利金方式は、「借金の減りが遅い」返済方法なので、利息を多く支払わされるのです。

 

したがって、借金から早く解放されるためには、毎月の返済額を増やす「繰り上げ返済」が欠かせません。

 

もし、「繰り上げ返済ができない」のであれば、借金の状況はかなり厳しくなってきていると思うべきでしょう。

 

「毎月の収支がギリギリ」の状況では、「ちょっとした出来事」がきっかけで、延滞に陥る危険性が高いからです。

 

リボ払いの危険性については下記ページで詳しく解説をしています。

 

参考⇒リボ払いと債務整理?クレジットカードのショッピング枠は対象なの?

 

また、繰り返しとなりますが借金問題は時間との勝負です。

 

自力で借金返済を続けていくのが厳しいと少しでも感じでいるのであれば、今すぐに専門家に相談をすることをおすすめします。

 

今すぐ専門家に相談をする⇒

これ以上の借金は絶対にダメ!

3社以上から借金があれば、返済の負担は小さくありません。

 

「今月は返済が厳しいから」ということで、借金を重ねてしまう方が少なくありません。

 

このような自転車操業は、次のような問題があるので、絶対にすべきではありません。

 

自転車操業は、雪だるま式に借金が膨れあがる可能性が高い
借金の額が増えれば、任意整理・個人再生で解決できる可能性が減る
自転車操業で借りた借金は、「全く返せない」可能性がある
全く返していない借金があると、債務整理できないことがある

 

「借りたくても借りられない」可能性が高い

上でお話したとおり、自転車操業は、「破綻リスクを増やすだけ」なので絶対にやってはいけない行為です。

 

そもそも、3社以上から借金があれば、「自転車操業したくてもできない」可能性が高いでしょう。

 

正規の貸金業者の多くは、3社以上の借入があると、「実際に借りている金額を問わず」審査に通りません。

 

審査にとおらないのは、貸金業法が定めている「総量規制」に抵触する可能性が高いからです。

 

貸金業法では、「顧客の年収の1/3を超える『限度額』での契約」を禁止しています。

 

一般的なカードローンの限度額は50万円なので、3社と契約していれば、150万円となり、平均年収の1/3を超えてしまう方が多いからです。

 

正規の貸金業者から借りられないからといって、ヤミ金に手を出してはいけません。

 

ヤミ金に手を出せば、状況は一気に深刻化します。

 

また、「何とか借金しよう」と収入や氏名・生年月日等を偽れば、詐欺罪に問われかねません。

 

「自転車操業」を考えた時点で、弁護士・司法書士に債務整理の相談をすべきでしょう。

 

「おまとめローン」よりも債務整理の方が有利

「債務整理はできればしたくない」とおまとめローンで借換えをする方も少なくありません。

 

たしかに、おまとめローンを利用すると、次のようなメリットがあることがあります。

 

返済日が1つにまとまる
毎月の返済額が減る
名目上の金利が安くなる

 

 

しかし、3社以上の借金がある方は、すでに「多額の借金」となっていることが少なくありません。

 

借金が多額だからこそおまとめローンを検討するともいえます。

 

おまとめローンには、次のようなデメリットもあります。

 

必要以上に借金してしまうことがある
利息がわずかしか下がらないことが多い
返済期間がこれまでよりも長くなる
支払総額(支払う利息の額)はこれまでよりも増えることが多い

 

おまとめローンを利用すれば、返済期間はこれまでよりも長くなります。

 

返済が長期間になることは、決して楽なことではありません。

 

その間に、病気や会社の都合で収入が減ったり、失職するリスクもあります。

 

また、おまとめローンの多くは、これまでよりも「支払総額が増えている」場合が多いことにも注意が必要です。

 

「おまとめローンで借金を解決できた人」がいる一方で、「おまとめローンを利用したために自己破産することになった人」もいるのです。

 

おまとめローンは、問題の解決を先送りにするに過ぎません。

 

おまとめローンの利用を検討する際には、必ず債務整理との比較をすることをお勧めします。

 

債務整理とおまとめローンについては下記ページで詳しく解説をしています。

 

参考⇒債務整理とおまとめローンどっちがいい?任意整理や自己破産との違い

 

3社以上からの借金でもまだ間に合う

例え今現在、3社以上から借金しているといって「自己破産しかない」とあきらめる必要はありません。

 

年収額を超えるような借金になっていない限り、自己破産せずに借金を解決することは十分可能です。

 

逆にいえば、3社以上から借金できる人は、「相応の収入」があるので、利息免除や借金減額がかなえば、十分返せることが多いのです。

 

また、任意整理や個人再生で解決できれば、マイホームを手放す必要もありません。

 

お勤めに影響を与えることも、まずありません。

 

しかし、3社以上から借金がある場合には、決して楽観視してはいけません。

 

借金の額や借入件数が多いほど、状況は早く悪化します。

 

「返済が厳しい」と感じたときには、今すぐに弁護士・司法書士に相談しましょう。

 

借金問題は1日でも早く行動をすることが、本当に重要です。

多くの人が無料匿名シミュレーションサービスで借金問題を解決しています。

匿名で使える無料シミュレーションサイトでは、借入れ状況や住んでいる地域等から、あなたに1番合った借金の解決方法を教えてくれます。

実際に、多くの方が良い先生に話を聞いてもらうことで、借金の悩みを終わらすことに成功しています。

そしてほとんどの方が声をそろえて言うのが、「こんなに簡単に終わるのならもっと早くしておけば良かった。」という事です。

借金の問題は悩んでいる間にも、利息や延滞金が増え続けてしまいます。
無料シミュレーションは簡単にできますので、まずは自分の状況を確認し、早急に借金解決の第一歩を踏み出す事をおすすめします。

匿名無料シミュレーションサイトで状況を確認する⇒

saimuseiri-mineruba

関連ページ

債務整理とFXや株取引〜追証や投資の借金は自己破産や任意整理できる?
法人の債務整理〜会社が自己破産や個人再生をする流れと費用
自営業者と債務整理〜個人事業主の自己破産・個人再生の流れと費用
法人の連帯保証人で背負った借金は債務整理をすることが出来る?
シングルマザーと債務整理〜母子家庭の自己破産や任意整理の正しい方法
銀行の借金と債務整理〜カードローンや融資は自己破産や任意整理できる?
住宅ローンと債務整理〜自己破産ではなく個人再生で借金を減らす方法
債務整理の対象になるもの〜自己破産や任意整理でも対象外の借金とは
日本保証と債務整理〜旧武富士に過払い請求や自己破産はできる?
消費者金融と債務整理〜サラ金の借入は任意整理や自己破産できる?
競馬と債務整理〜競馬の借金は個人再生や自己破産をする事ができる?
闇金の借金は債務整理できる?弁護士や警察に相談をする前の注意点
ギャンブルの借金は債務整理できる?賭け事での負けを自己破産する方法
債務整理は2回目でも出来る?2度目の自己破産、個人再生、任意整理について
失業して住宅ローンが払えない!競売にならない為にどうしたらいい?
クレジットカードのキャッシング枠でも過払い金の可能性はある
大学生の時借りたお金が返せない!奨学金を債務整理する事はできる?
無職の人でも債務整理をする事はできるの?無職やニートの債務整理の方法
債務整理を今年中にする事はできる?年内に借金問題を解決する3つのポイント
奨学金が返せない!返済がキツイ方が債務整理を検討する理由と方法
会社員必見!サラリーマンが債務整理をする前に気を付けたい6つのポイント
借金返済がきつい人は債務整理の相談を専門家にする方法が1番な理由
公務員の債務整理5つのポイント〜警察官、消防士、教員も影響ない?
妊娠中の債務整理〜妊婦が自己破産や任意整理をする時に注意する事
保険募集人と債務整理〜自己破産や任意整理をしたら会社はクビになる?
銀行員と債務整理〜自己破産の資格制限と任意整理の仕事への影響
債務整理と宅建〜自己破産や任意整理をすると資格や仕事に影響はある?
子供の借金と債務整理〜親の返済義務と今すぐに相談をする3つの理由
不動産投資と債務整理〜マンション経営の借金は自己破産できる?
借金100万円と債務整理〜返済方法と任意整理、自己破産の必要性
外国人の人は債務整理をする事が出来る?借金や自己破産の注意点
借金ブログたけしに学ぶ!返済が遅れたら務整理の相談を早くする理由
20代の借金と債務整理〜任意整理や自己破産で問題は解決できる?
30代の借金と債務整理〜任意整理や自己破産で問題は解決できる?
バイナリーオプションで作った借金は債務整理する事ができる?
ビットコインや仮想通貨で作った借金は債務整理や自己破産できる?
借金200万円と債務整理〜返済方法と任意整理、自己破産の必要性
50代の借金と債務整理〜任意整理や自己破産で問題は解決できる?
60代の借金と債務整理〜任意整理や自己破産で問題は解決できる?
自衛官と債務整理〜自衛隊員が自己破産や任意整理をする方法と注意点
会社役員と債務整理〜法人役員が自己破産や任意整理をする方法と注意点
借金250万円と債務整理〜返済方法と任意整理、自己破産の必要性
OLと債務整理〜OLが自己破産や任意整理をする方法と注意点
借金300万円と債務整理〜返済方法と任意整理、自己破産の必要性
借金50万円の返済方法〜返済しないで債務整理をする事は可能?
借金120万円と債務整理〜返済方法と任意整理、自己破産の必要性
借金150万はまだ返済できる?債務整理を検討すべき理由と方法
借金400万円と債務整理〜返済方法と任意整理、自己破産の必要性
借金500万円と債務整理〜返済方法と任意整理、自己破産の必要性
借金700万円と債務整理〜返済方法と任意整理、自己破産の必要性
借金を10年以上放置したら返済義務はない?債務整理の必要もなし?
70代の借金と債務整理〜任意整理や自己破産で問題は解決できる?
債務整理は2社以上から借金があれば任意整理よりも個人再生が有利?
契約社員と債務整理〜契約社員が自己破産や任意整理をする方法と注意点
派遣社員と債務整理〜派遣社員が自己破産や任意整理をする方法と注意点
教員と債務整理〜教師が自己破産や任意整理をする4つの方法と注意点
美容師と債務整理〜美容師が自己破産や任意整理をする4つの方法と注意点
保育士と債務整理〜保育士が自己破産や任意整理をする4つの方法と注意点
借金を5年間放置したらどうなる?今すぐ債務整理を検討すべき理由
パートと債務整理〜パートが自己破産や任意整理をする4つの方法と注意点
3年前から返済せず放置している借金を債務整理することはできる?
バイクと債務整理〜バイクローンは自己破産や任意整理できる?没収される?
100万以下の借金は債務整理する必要はある?する場合としない場合の比較
夫婦で借金をしている人は要注意!債務整理を検討すべき3つの理由と流れ
借金350万円と債務整理〜返済方法と任意整理、自己破産の必要性
借金140万円と債務整理〜返済方法と任意整理、自己破産の必要性
80代の借金と債務整理〜任意整理や自己破産で問題は解決できる?
5社以上の借金と債務整理〜自己破産、任意整理、個人再生どれがいい?
警備員と債務整理〜警備員が自己破産や任意整理をする4つの方法と注意点
不動産業と債務整理〜不動産屋が自己破産や任意整理をする4つの方法と注意点
10代の借金と債務整理〜任意整理や自己破産で問題は解決できる?
4社以上の会社からの借金は債務整理をした方がいい?4つの解決方法
消防士と債務整理〜消防士が自己破産や任意整理をする4つの方法と注意点
女性の債務整理4つのポイント〜女性が任意整理や自己破産をする前の注意点
タクシー運転手と債務整理〜自己破産や任意整理をする4つの方法と注意点
トリマーと債務整理〜トリマーが自己破産や任意整理をする4つの方法と注意点
借金1000万円と債務整理〜返済方法と個人再生、自己破産の必要性
芸能人と債務整理〜芸能人が自己破産や任意整理をする4つの方法と注意点
借金の金額がわからない人が債務整理する際の6つのポイントと注意点
スポーツ選手と債務整理〜アスリートが自己破産や任意整理をする4つの方法と注意点
団体職員と債務整理〜団体職員が自己破産や任意整理をする4つの方法と注意点
奨学金破産とは〜その原因や割合と家族での債務整理による4つの解決策
将来独立して会社やお店を出したい人の為の債務整理3つのポイント
奨学金は自己破産したら返さなくていい?債務整理で奨学金問題を解決する方法
ファイナンシャルプランナーと債務整理〜FPが自己破産や任意整理をする4つの方法と注意点
ホストクラブの借金は債務整理することができる?ホストのツケと債務整理
JA職員と債務整理〜自己破産や任意整理をする4つの方法と注意点
洋服代で作った借金を債務整理する事は出来る?ファッションの借金を解決する方法
彼氏の借金がやばい!債務整理を考えるタイミングと5つの解決方法
fx破産者が急増中?FXの信用取引で作った借金は債務整理で解決できる
郵便局員と債務整理〜自己破産や任意整理をする4つの方法と注意点
家族の借金問題と債務整理〜家族が自己破産や任意整理をする前に
20代女性の借金問題で多い理由と債務整理による借金問題解決方法
借金70万円と債務整理〜返済方法と任意整理、自己破産の必要性
お金貸してください掲示板は危険!手を出す前に債務整理を検討すべき理由と方法
競艇の借金と債務整理〜ボートレースの借金を任意整理や自己破産する方法
30代女性の借金で多い理由と債務整理を検討するべきタイミングや方法
30代男性の借金で多い理由と債務整理を検討するべきタイミングや方法
生協職員と債務整理〜自己破産や任意整理をする4つの方法と注意点
トラック運転手と債務整理〜自己破産や任意整理をする4つの方法と注意点
秘書と債務整理〜秘書が自己破産や任意整理をする4つの方法と注意点
JR職員と債務整理〜自己破産や任意整理をする4つの方法と注意点
借金60万円と債務整理〜返済方法と任意整理、自己破産の必要性
主婦が買い物依存症で借金をする理由と債務整理や4つの解決方法
兄弟や姉妹の借金に返済義務はある?返済義務と4つの解決方法
20代男性の借金問題で多い理由と債務整理による借金問題解決方法
女性の高額借金はソープで働くしかない?風俗で働く前に知る債務整理
期間工で借金返済はどれくらいまで出来る?現実的な金額と債務整理での解決策
借金180万円と債務整理〜返済方法と任意整理、自己破産の必要性
借金190万円と債務整理〜返済方法と任意整理、自己破産の必要性
ギター購入で作った借金が返せない!4つの解決方法と債務整理
旅行業取扱管理者と債務整理〜自己破産や任意整理をする4つの方法と注意点
借金120万円と債務整理〜返済方法と任意整理、自己破産の必要性
ロードバイクで作った借金が返せない!4つの解決方法と債務整理
借金250万円と債務整理〜返済方法と任意整理、自己破産の必要性
差し押さえ予告通知書が届いたらどうなる?債務整理は出来る?
債権譲渡通知書ってなに?債権譲渡通知が来た時の4つの対応策
借金を滞納したら訴えられた!手続きの流れと正しい対応
消費者金融からの借金と債務整理〜任意整理や自己破産を成功させる6つの方法
借金を一本化するメリットって?債務整理とおまとめローンはどっちがいい?
ピアノ購入で作った借金が返せない〜債務整理や4つの方法と注意点
医師と債務整理〜医者が自己破産や任意整理をする4つの方法と注意点
借金320万円と債務整理〜返済方法と任意整理、自己破産の必要性
慰謝料が払えない場合にはどうする?自己破産や個人再生すれば免除になる?
刑務官と債務整理〜刑務官が自己破産や任意整理をする4つの方法と注意点
課金破産と債務整理〜パズドラやモンスト、スマホゲームの借金を自己破産や任意整理する方法
建築士と債務整理〜建築士が自己破産や任意整理をする4つの方法と注意点
少額訴訟を起こされたらどうする?訴状が届いた時の対応策と債務整理
孫の借金は肩代わりしちゃダメ!孫の借金を債務整理で解決する理由と方法
美容整形の分割払い、リボ払いが支払えない!整形の借金と債務整理による解決方法
NPO職員と債務整理〜自己破産や任意整理をする4つの方法と注意点
債務整理の種類〜任意整理、個人再生、自己破産、特定調停の特徴と選び方
学生ローンと債務整理〜返済できない借金を親バレせずに自己破産や任意整理す方法
闇金に借りたお金は返さなくて良い〜3つの理由とヤミ金の借金解決策
年収以下の借金はまだ債務整理しなくても大丈夫?任意整理や自己破産を検討すべきタイミング
闇金嫌がらせの手口とは〜恐ろしいヤミ金の嫌がらせ具体例と対策
過払い金請求を自分でやる方法〜自分で調べて返金されるまでの流れと計算方法
借金をさせない方法〜親や子供、旦那、嫁の借金癖を治す方法と債務整理による強制的改善策
リボ払いの返済が終わらない〜リボ地獄の原因とリボ払いを完済するための3つの方法
ジャニオタと債務整理〜ジャニーズの追っかけで作った借金を無くす方法
40代と債務整理〜40歳からの失敗しない任意整理、個人再生、自己破産の方法
借金130万円と債務整理〜返済方法と任意整理、自己破産の必要性
不動産投資と債務整理〜アパート経営やマンション投資の借金を自己破産や個人再生で解決する方法
どこからもお金が借りれない人が債務整理をすべき理由ともう借りられない人の解決策
借金160万円と債務整理〜返済方法と任意整理、自己破産の必要性
借金420万円と債務整理〜返済方法と任意整理、自己破産の必要性
借金220万円と債務整理〜返済方法と任意整理、自己破産の必要性
シングルファーザーと債務整理〜自己破産や個人再生、任意整理をする前の注意点
リボ払いで借金地獄に陥る人は多い!債務整理や4つのリボ地獄脱出方法
パチンコの借金と債務整理〜パチンコで借金まみれな人が任意整理や自己破産をする方法
キャバクラの借金と債務整理〜キャバの飲み代を任意整理や自己破産する方法
借金380万円と債務整理〜返済方法と任意整理、自己破産の必要性
借金滞納と年金差し押さえ〜債務整理で年金差し押さえは回避できるのか解説
ソフト闇金と債務整理〜優良なソフト闇金なら安全?身を亡ぼす前に債務整理すべき理由
給食費が払えない!滞納するとどうなる?債務整理で給食費も借金も無くす方法
パチンコで作った借金100万円の解決方法〜すぐに債務整理すべき6つの場合
ライザップの分割払いが支払えない!RIZAPで作った借金を債務整理する方法
リボ払いヤバい・・・。リボ払いがやばい理由と債務整理で解決する方法
消費者金融の借金と時効〜アコムやプロミスを時効まで逃げるのではなく債務整理すべき理由
看護師と債務整理〜ナースが自己破産や任意整理をする4つの方法と注意点
薬剤師と債務整理〜自己破産や任意整理をする4つの方法と注意点
上場企業勤務会社員と債務整理〜自己破産や任意整理をする4つの方法と注意点
住所不定無色と債務整理〜自己破産や任意整理をする4つの方法と注意点
入院費と債務整理〜病院への支払いは債務整理できる?支払えない時の対処法
料理人と債務整理〜調理師免許は無くなる?自己破産や任意整理をする4つの方法
歯科衛生士と債務整理〜自己破産や任意整理を成功させる7つのポイント
介護士と債務整理〜自己破産や任意整理を成功させる6つのポイントと注意点
外交官と債務整理〜自己破産や任意整理を成功させる6つのポイントと注意点
実家が裕福な人と債務整理〜家が金持ちなら任意整理や自己破産をする意味はない?