dカードの借金が返せない!ドコモのカードからの督促状や電話が来た時の対応策

dカードから督促状や電話が来た際の対応策と債務整理の方法

今回は、dカードを滞納してしまって督促状や電話がきたときの正しい対処方法について解説します。

 

dカードは、NTTドコモが発行しているクレジットカードです。NTTドコモが発行しているカードなので、当然ドコモのスマホ・携帯を持っている人に利用者が多いと思います。

 

また、ドコモのスマホ・携帯料金の支払いに滞納がなければ審査に通ることから、審査に通りやすいカードとしてもよく知られています。

 

dカードは、審査が簡単であることから利用限度額もそれほど大きくありません(最大で100万円まで)。

 

実際の利用者も、ローソンやマツモトキヨシといったdカード加盟店での利用が多く、大きな買い物をするよりは、ドコモの支払いと身近な決済用という人が多いかもしれません。

 

しかし、細々とした決済であっても、利用しすぎれば請求された金額を支払えないということは十分にあり得ます。

 

特に、収入に余裕のないアルバイトや主婦の人であれば、ちょっとした使いすぎでも返済に行き詰まってしまうこともあるでしょう。

 

dカードを延滞してしまったときには、落ち着いて対処することが大切です。

 

「スマホ・携帯も止められてしまうかも」と慌てて間違えた対応をすれば、さらに難しい状況に陥ってしまうこともあり得るからです。

 

dカードを滞納してしまって「どうして良いかわからない」という人は、この記事の解説を参考にしてください。

 

dカードを滞納するとどうなるか?

dカードへの支払いは、毎月10日(休日の場合は翌営業日)に登録した銀行口座からの引き落としで行われます。

 

支払い日(の前日)に口座残額が不足しているときには、引き落としが実行されず「滞納」となってしまいます。

 

dカードを滞納したときには、その翌日からdカードが「利用停止」となります。

 

また、支払い日の翌日から滞納が解消するまで、請求額についての遅延損害金も発生します。

 

滞納したときの取立ての流れ

dカードを滞納したときには、NTTドコモから回収業務の委託をうけている「ニッテレ債権回収」というサービサー(債権回収会社)からの取立てをうけます。サービサーとは、法律に基づいて営業している「債権回収を専門業務とする株式会社」のことです。

 

関連記事⇒ニッテレ債権回収株式会社からハガキや連絡が来た時の対応と債務整理の必要性

 

dカードを滞納したときの督促のおおまかな流れは、次のようになります。

 

@ニッテレ債権回収から電話・メール(ショートメール含む)で連絡される
   ↓
Aニッテレ債権回収からの請求ハガキが自宅に送付される
   ↓
Bdカードが強制解約になる(期限の利益の喪失)
   ↓
C利用残額を「一括返済」するように要求される
   ↓
D民事訴訟や支払督促を申し立てられる
   ↓
E強制執行(給料差押えなど)

 

電話・メールなどでの連絡

dカードを滞納してしまったときには、回収業務の委託を受けている「ニッテレ債権回収」から電話がきたり、メールが届く場合があります。

 

これらの場合は、dカードに届け出ている本人直通の連絡先(通常は、スマホ・携帯番号)に連絡されます。

 

特に、ニッテレ債権回収は、平成29年2月からSMS(ショートメール)による連絡をはじめているので、SMSで連絡がくる場合があります。

 

ニッテレ債権回収がSMSを発信するときの送信元番号は、下記のとおりです(ニッテレ債権回収ウェブサイトより)。

 

docomoまたはauの場合 SoftBankの場合
0120-481-215(東京サービシングセンターより発信)
0120-206-006(札幌サービシングセンターより発信)
0120-374-888(札幌サービシングセンターより発信)
0120-760-874(札幌サービシングセンターより発信)
0120-821-451(札幌サービシングセンターより発信)
0120-680-575(福岡サービシングセンターより発信)
0120-545-808(福岡コールセンターより発信) 0032069000
または
+32(0)69000

 

なお、ニッテレ債権回収から送られてくるSMSには直接返信することができません。

 

最近では、サービサーを騙った架空請求・不正請求・フィッシング詐欺も横行しているので注意しましょう。

 

督促状による取立て

dカードを滞納したときには、ニッテレ債権回収(ドコモdカード受託センター)から督促状(請求ハガキ)が送付されます。

 

dカードの督促状は発送手続きが早く、支払い日の翌日には発送手続きが完了している場合が多いようです。

 

なお、督促状(請求ハガキ)は、「請求書(明細書)の送付先」ではなく、届け出られている「自宅」に送付されます。

 

期限の利益の喪失と強制解約

督促状を送付によって、滞納が解消されないときには、dカードについて「期限の利益」を失うことがあります。

 

dカード利用規約では、次の場合に期限の利益を失うことが定められています(dカード利用規約38条)。

 

@ 債務の履行を遅滞したとき
A d カード契約が解約になったとき
B 仮差押え、差押え、競売の申請、破産手続き開始又は再生手続き開始の申立て等の法的な債務整理手続きの申立てがあったとき
C 租税公課を滞納して督促を受けたとき又は保全差押えがあったとき
D 振り出した手形又は小切手が不渡りになったとき又は支払いを停止したとき
E リボルビング払い、分割払い、2回払い又はボーナス払いのショッピング利用代金を滞納し、ドコモが20日以上の相当な期間を定めて書面で支払いの催告をしたにもかかわらず、その期間内に支払わなかったとき
F 会員の連絡先がわからなくなったとき
G ドコモ携帯電話(スマートフォン)契約について虚偽深刻があったとき
H いわゆるクレジットカードの現金化をしたとき
I 重大な契約違反をしたときとなるとき
J dカードの契約申込みに際して、虚偽の申告があったとき
K ドコモの携帯電話(スマートフォン)がドコモによって強制解約となったとき
L 信用状態が悪化したとき
期限の利益を失うと、利用残額の全額をすぐに一括返済しなければならなくなります。

 

まさに「支払期限を待って欲しい」といえなくなるのです。

 

また、クレジットカードについて期限の利益を失うときには、あわせてカードの契約それ自体も強制解約となります(dカード利用規約40条)。

 

一括返済できないとどうなる?

期限の利益を失ってdカード(ニッテレ債権回収)から利用残額の一括返済を求められても、応じられない場合がほとんどでしょう。

 

その場合には、訴訟などの法的措置をとられる可能性がとても高いです。

 

dカードの滞納が長期化している人には、すでにニッテレ債権回収から「提訴予告通知」などが送られていることもあるかもしれません。

 

民事訴訟や支払督促を行ってもなお、滞納が解消されないときには、給料などの差し押さえによって、利用残額を強制的に回収されます。

 

「裁判なんて面倒なことはしてこないだろう」と決めつけている人もいるかもしれませんが、安易な考えはとても危険です。

 

カードの利用代金を請求するための法手続は、一般の人が思っているよりもかなり簡単に行えるからです。

 

たとえば、利用残額100万円を回収するために裁判所に支払う手数料は、差押えまでを含めても2万円もかかりません。

 

支払督促を利用すれば、訴訟の場合の半額で手続きが行えるからです。

 

また、支払督促は、ウェブ上からでも申立てができるので、手間もそれほどかかりません。

 

給料が差し押さえにあっても、「給料の全額を取られてしまう」ことはありません。

 

給料の差し押さえは、「手取額の1/4まで(手取額が44万円以上の場合は、33万円を超える全額)」と決められているからです。

 

しかし、給料の差し押さえは、必ず勤務先に知られてしまいます。

 

「借金バレ」によって会社との関係が悪化することを避けるためにも、差押えになる前に正しく対処しましょう。

 

カードの滞納と信用情報

dカードを滞納すると信用情報に記録が残る場合があります。

 

カード発行会社であるNTTは、CICとJICCという2つの信用情報機関に加盟しているからです(なお、回収委託を受けているニッテレ債権回収が信用情報を登録することはありません)。

 

滞納が短期間の場合には、「遅延」がクレジットヒストリーとして残るだけで、傷は最小限にとどめることができます。

 

たとえば、「支払い日の翌日すぐに滞納を解消できた場合」には、NTTドコモの判断でクレジットヒストリーへの登録がない場合もあります。

 

しかし、滞納が長期間(61日以上または3ヶ月以上)になったときには、「延滞」という異動情報が登録されてしまいます。

 

「異動情報」とは、クレジットヒストリー(毎月の取引状況)の記録とは別に登録される「事故情報(ブラック情報)」のことです。

 

つまり、「延滞」が登録されれば、いわゆるブラックリスト入りしてしまい、借金やカード発行の審査に通らなくなるということです。

 

延滞の異動情報は、滞納を解消しても消去されず、完済もしくは強制解約から5年が経過するまでは保存されます。

 

なお、強制解約された場合も異動情報となります。

 

dカードを滞納するとドコモのスマホ・携帯も止まる?

dカードを持っている人は、スマホ・携帯もNTTドコモという人がほとんどでしょう。

 

当然、携帯・スマホ料金の支払いもdカードで行っていると思います。

 

dカードを滞納しても、「ドコモのスマホ・携帯」がすぐに利用停止になることはありません。

 

スマホ・携帯料金をクレジットカード払いにしているときには、携帯キャリアへの支払いは、クレジットカード会社がすでに立て替えているからです。
dカードとNTTドコモは同じ会社なので、すこしややこしく感じますが、理屈は他のクレジットカードで支払っている場合と同じです。

 

しかし、dカードを滞納してしまえば、カードは利用停止となるので、その後の立替払いは実行されない可能性があります。

 

したがって、dカードを長期間滞納すると、スマホ・携帯も利用停止になることはあり得ます。

 

□dカードを滞納してしまったときの対処方法
クレジットカードを滞納してしまったときには、「迅速」かつ「慎重に」対応しなければいけません。

 

「スマホ・携帯が止まってしまうのは避けたい」と慌てて対応すれば、逆に状況を悪化させてしまう可能性もあるので注意しましょう。

 

滞納してしまったときの支払い方法

dカードを滞納してしまったときの支払い方法は、引落口座として指定している金融機関によって異なります。

 

引落口座が下記の銀行のときには、月末までの毎営業日に「再振替」が可能です。

 

したがって、引落口座に入金すれば、返済は完了します。

 

みずほ銀行 三菱UFJ銀行 三井住友銀行 りそな銀行 埼玉りそな銀行 横浜銀行

 

引落口座が「ゆうちょ銀行」のときには、毎月20日(休日の場合は翌営業日)に「再振替」が実施されるので、それまでに入金すれば支払い可能です。

 

上記以外の金融機関に設定している場合には、dカードから指定される銀行口座に振り込む方法で支払います。

 

具体的な振込先口座は、ニッテレ債権回収(ドコモdカード受託センター)から送られる案内(請求ハガキ)に記載されています。

 

支払い日から1週間以上経過しても案内が届かないときには、下記の窓口に問い合わせることで、支払い方法を確認できます。

 

・ニッテレ債権回収株式会社(ドコモdカード受託センター)
0570-783-890(午前8時15分〜午後8時45分(年末年始は休業))

 

お金がないときにやってはいけないこと

滞納分を支払えるだけのお金がない場合であっても、次のような対応はすべきではありまません。

 

・「どうせ支払えないから」と放置してしまう
・「早く利用停止を解除したいから」と「借金して」延滞を解消する
・他社クレジットカードで購入した商品を換金して現金を用意する

 

督促を無視すると「訪問取り立て」になることも

返済できなくなった状況を放置することは、最も良くない対応です。

 

ニッテレ債権回収(ドコモdカード受託センター)からの連絡を完全に無視してしまえば、電話や郵便ではなく、自宅や勤務先に取立員が訪問してくることもあるかもしれません。

 

裁判や支払督促に応じれば和解できるチャンスも!

裁判所から訴状や支払督促が届いているときに無視すれば、dカードが申し立てた内容通りに支払い義務が確定し、給料などが差し押さえられる可能性が高くなります。

 

裁判手続きに応じれば、dカードと分割払いの和解ができる可能性がうまれます。

 

裁判所はほぼ例外なく「和解」を薦めてくれるからです。

 

和解ができなかった場合でも、応訴することで、弁護士・司法書士に相談できる時間を確保することができます。

 

借金して滞納を解消するのは自殺行為

カードの返済のためにさらに借金する行為は、とても危険です。

 

すでに資金繰りに行き詰まった状態でさらに借入件数を増やすことは、自分で首を絞めているようなものだからです。

 

すでに「信用情報に傷が付いているとき」や、「抱えている負債総額が大きいとき」には、借金させてくれる金融機関がない場合もあり得ます。
万が一、ヤミ金と関わるようなことになれば、カード滞納どころではないリスクを抱えることにもなりかねません。

 

最近のヤミ金は手口も増え、「とても親切な対応」をしてくれる業者も珍しくなくなりました。

 

「暴力団ではなさそうだから大丈夫だろう」というのはとても安易で危険です。

 

ヤミ金は1度捕まえた顧客を簡単には手放してくれないからです。

 

数万円の借金を全く完済させてもらえずに、永遠と暴利をむさぼり取られることになりかねません。

 

さらには、返済の代わりに犯罪行為を強要されることもあります。

 

ソフトヤミ金、スーパーソフトヤミ金、090金融、個人間融資、いずれの名を用いていてもヤミ金であることには変わりがありません。

 

絶対に関わらないようにしましょう。

 

クレジットカードの現金化

クレジットカードで新幹線回数券や高額家電を買い即座に売却して現金を作る方法(クレジットカード(ショッピング枠)の現金化)もやってはいけない対処法です。

 

そもそも、クレジットカードの現金化は、どこのクレジットカードの規約でも禁止されている契約違反の行為です。

 

代金完済まで所有権が留保されている購入商品を、購入代金よりも低い価格で処分することは、カード会社の権利を侵害することになるからです。

 

また、換金率との関係でも「借金して金策した場合の利息」よりも不利な条件となる場合がほとんどですし、自己破産した場合には免責不許可事由にもなってしまいます。

 

延滞を解消できるお金がないときは「債務整理」で解決

dカードを返済できなくなったときには、無理な金策ではなく「債務整理」で解決すべきです。

 

収入の少ない人が自力で家計を建て直すのは難しい場合が多く、借金してdカードを支払えば、「借金を膨らませるだけ」になってしまう可能性があります。

 

また、サラリーマンなどがdカードを滞納してしまったときには、他にも返せなくなった借金やカードを抱えている場合も多いでしょう。

 

これらの人の場合にはdカードはサブのカードであることがほとんどだからです。

 

債務整理すると取立てがなくなる

債務整理の大きなメリットは、「弁護士・司法書士に依頼するだけ」で債権者からの取立てが完全になくなることです。

 

金融機関やサービサーは、債務整理に着手した債務者本人に個別に連絡することを禁止されているからです。

 

また、債務整理に着手すると、借金やカードの支払いも一時的にストップさせることができます。

 

取立てと返済日を気にしない生活を取り戻せれば、これからのことを冷静に考えられるだけでなく、家計を建て直すきっかけをつくることもできます。

 

早期に対応すれば費用も安い

債務整理には費用がかかります。弁護士・司法書士に依頼すると「とても高い費用がかかる」と思い込んでいる人も少なくないかもしれません。

 

しかし、負債総額が少ないうちに対処できれば、10万円以下の費用で債務整理できることもあります。

 

「任意整理」は、債権者の数に応じて費用が決まるので、一般の人が思っているほど高額な費用にならないからです。

 

また、ほとんどの弁護士・司法書士事務所は費用の分割払いにも対応してくれます。

 

関連記事⇒債務整理費用が払えない?分割や後払いが出来る法律事務所で相談を!

 

債務整理のデメリットは「滞納」のデメリットより小さい

債務整理のデメリットが気になって、弁護士・司法書士に依頼しきれないでいる人もいるかもしれません。

 

たしかに、債務整理をすれば、信用情報に傷が付き、数年間は借金やカードの新規発行ができなくなります。

 

しかし、債務整理した場合のブラック情報は一生残るわけではありません。

 

債務整理から5年〜10年経てば、ブラック情報は必ず消去されます。

 

むしろ、カードの支払いができなくなった状況では、債務整理しなくてもブラックリスト入りする可能性があります。

 

延滞の情報は借金完済から5年経つまで消えないからです。

 

最近では「過去の債務整理」よりも「延滞」を「より悪い情報」と評価する金融機関も増えています。

 

また、「借金バレ」も債務整理をした場合よりも、カードや借金を滞納した場合の方がリスクは高くなります。

 

債務整理がきっかけで他人に借金がバレるケースは、実際にはあまりないからです。

 

関連記事⇒債務整理が会社に知られる可能性?自己破産でも勤務先にバレない方法

 

まとめ

カードを延滞してしまうと、どうしても慌ててしまいます。

 

また、お金に困る生活を長く続ければ、色んなことに不安を感じ、ネガティブな考えになってしまう場合もあるでしょう。

 

そのため、返済が苦しくなったカードを抱えたときには、間違えた対応をしやすいものです。

 

特に、誰にも相談できずに1人で思い悩んでいるケースでは、不適切な対応をするリスクも高くなります。

 

借金やクレジットカードの問題は、弁護士・司法書士に「無料」で相談することができます。

 

いまでは、ほとんどの弁護士・司法書士事務所が「無料相談」に対応しているからです。

 

債務整理をすれば、返せなくなったクレジットカードの問題は、必ず良い方向にむかいます。

 

無理な金策でこれ以上傷を拡げてしまう前に、相談してみましょう。

多くの人が無料匿名シミュレーションサービスで借金問題を解決しています。

匿名で使える無料シミュレーションサイトでは、借入れ状況や住んでいる地域等から、あなたに1番合った借金の解決方法を教えてくれます。

実際に、多くの方が良い先生に話を聞いてもらうことで、借金の悩みを終わらすことに成功しています。

そしてほとんどの方が声をそろえて言うのが、「こんなに簡単に終わるのならもっと早くしておけば良かった。」という事です。

借金の問題は悩んでいる間にも、利息や延滞金が増え続けてしまいます。
無料シミュレーションは簡単にできますので、まずは自分の状況を確認し、早急に借金解決の第一歩を踏み出す事をおすすめします。

匿名無料シミュレーションサイトで状況を確認する⇒

saimuseiri-mineruba

関連ページ

アイフルと債務整理〜自己破産や任意整理、過払い金請求で借金は減らせる?
アコムと債務整理〜自己破産や任意整理、過払い金請求で借金は減らせる?
ノーローンと債務整理〜自己破産や任意整理、過払い金請求で借金は減らせる?
プロミスと債務整理〜自己破産や任意整理、過払い金請求で借金は減らせる?
レイクと債務整理〜自己破産や任意整理、過払い金請求で借金は減らせる?
オリコカードと債務整理〜オリエントコーポレーションの借金は対象?
アプラスと債務整理〜自己破産や任意整理、過払い金請求で借金は減らせる?
債務整理は銀行カードローンも対象?任意整理や自己破産はできるの?
友達や知人、親戚など個人間の貸し借りも債務整理する事はできる?
国民健康保険料と債務整理〜滞納している税金は自己破産で免除される?
エポスカードと債務整理〜過払い金請求や自己破産で借金は減らせる?
三洋信販ポケットバンクの借金は債務整理や過払い金請求ができる?
債務整理とビューカード〜自己破産や過払い金請求の対象になる?
セゾンカードと債務整理〜クレディセゾンへの過払い金請求と任意整理
バンクイックの借金を債務整理する方法〜銀行口座とアコムに要注意!
三井住友銀行カードローンと債務整理〜任意整理や自己破産はできる?
サラ金の取り立てと債務整理〜消費者金融からの借金は急いで相談を!
お金がない!借金はある!人は手遅れになる前に債務整理を検討するべき
JCBカードと債務整理〜自己破産や任意整理、過払い金請求で借金は減らせる?
VISAカードと債務整理〜自己破産や任意整理、過払い金請求で借金は減らせる?
アメックスと債務整理〜自己破産や任意整理、過払い金請求で借金は減らせる?
ジャックスと債務整理〜自己破産や任意整理、過払い金請求で借金は減らせる?
ダイナースと債務整理〜自己破産や任意整理、過払い金請求で借金は減らせる?
モビットと債務整理〜自己破産や任意整理、過払い金請求で借金は減らせる?
マスターカードと債務整理〜自己破産や任意整理、過払い金請求で借金は減らせる?
楽天カードと債務整理〜自己破産や任意整理、過払い金請求で借金は減らせる?
ルミネカードと債務整理〜自己破産や任意整理、過払い金請求で借金は減らせる?
ビジネクストと債務整理〜自己破産や任意整理、過払い金請求で借金は減らせる?
NTTファイナンスと債務整理〜自己破産や任意整理、過払い金請求で借金は減らせる?
ろうきんと債務整理〜自己破産や任意整理、過払い金請求で借金は減らせる?
ビアイジと債務整理〜自己破産や任意整理、過払い金請求で借金は減らせる?
フクホーと債務整理〜自己破産や任意整理、過払い金請求で借金は減らせる?
ライフティーと債務整理〜自己破産や任意整理、過払い金請求で借金は減らせる?
フタバと債務整理〜自己破産や任意整理、過払い金請求で借金は減らせる?
アローと債務整理〜自己破産や任意整理、過払い金請求で借金は減らせる?
イオンカードと債務整理〜自己破産や任意整理、過払い金請求で借金は減らせる?
Yahooカードと債務整理〜自己破産や任意整理、過払い金請求で借金は減らせる?
ライフカードと債務整理〜自己破産や任意整理、過払い金請求で借金は減らせる?
レックスカードと債務整理〜自己破産や任意整理、過払い金請求で借金は減らせる?
セディナカードと債務整理〜自己破産や任意整理、過払い金請求で借金は減らせる?
ニッテレ債権回収株式会社からハガキや連絡が来た時の対応と債務整理の必要性
アビリオ債権回収からハガキや電話が来た時の対応と債務整理の必要性
オリンポスからハガキや電話が来た時の対応と債務整理の必要性
エムアールアイ債権回収からハガキや電話が来た時の対応と債務整理の必要性
パルティール債権回収からハガキや電話が来た時の対応と債務整理の必要性
みずほ銀行カードローンが返せない!督促状や電話が来た時の対応策
オリックス銀行カードローンが返せない!督促状や電話が来た時の対応策
レイクの借金が返せない!新生銀行から督促状や電話が来た時の対応策
フクホーの借金が返せない!フクホーから督促状や電話が来た時の対応策
楽天銀行カードローンの借金が返せない!スーパーローンの督促状や電話が来た時の対応策
ポケットカードの借金が返せない!ポケットカードからの督促状や電話が来た時の対応策
セブンカードの借金が返せない!セブンカードからの督促状や電話が来た時の対応策
シェルカードの借金が返せない!昭和シェルカードからの督促状や電話が来た時の対応策
ライフティーの借金が返せない!ライフティーからの督促状や電話が来た時の対応策
ビックカメラカードの借金が返せない!BIGカメラカードからの督促状や電話が来た時の対応策
出光カードの借金が返せない!出光カードからの督促状や電話が来た時の対応策
JCBカードの借金が返せない!JCBカードからの督促状や電話が来た時の対応策
アメックスの借金が返せない!アメリカンエキスプレスからの督促状や電話が来た時の対応策
ANAカードの借金が返せない!アナカードからの督促状や電話が来た時の対応策
オリコカードの借金が返せない!ORICOカードからの督促状や電話が来た時の対応策
UCカードの借金が返せない!ユーシーカードからの督促状や電話が来た時の対応策
ミライノカードの借金が返せない!ミライノカードから督促状や電話が来た時の対応策
アウロラ債権回収からハガキや電話が来た時の対応と債務整理の必要性
アルファ債権回収からハガキや電話が来た時の対応と債務整理の必要性
SFコーポレーションと債務整理〜ハガキや電話が来た時の対応と債務整理の方法
アルコシステムと債務整理〜ハガキや電話が来た時の対応と債務整理の方法
ファミマTカードと債務整理〜ハガキや電話が来た時の対応と債務整理の方法
オリックス債権回収と債務整理〜ハガキや電話が来た時の対応と債務整理の方法
SMBC債権回収と債務整理〜ハガキや電話が来た時の対応と債務整理の方法
TSB債権管理回収株式会社と債務整理〜ハガキや電話が来た時の対応と債務整理の方法
MUJIカードの借金が返せない!MUJIcardからの督促状や電話が来た時の対応策
JALカードの借金が返せない!日本航空のカードの督促状や電話が来た時の対応策
日本債権回収からハガキや電話が来た時の対応と債務整理の必要性
ダイレクトワンの借金が返せない!ダイレクトワンから督促状や電話が来た時の対応策